雑感

2009年02月03日

タニシ文庫リニューアルのお知らせ

タニシ文庫にお越し頂きありがとうございます。

この度、タニシ文庫をリニューアルすることになりました。
新しいタニシ文庫は↓になります。

『タニシ文庫new』

このページをブックマークしていましたら、お気に入りの登録し直しをよろしくお願いします。
こちらのタニシ文庫も残りますが、今後こちらでは記事の更新はされませんのでご了承くださいませ。

フォトギャラリー

今月の写真

「クサギカメムシ」
冬眠しようと部屋に入って来たが、庭に追い出されたクサギカメムシ。(2009.1.10 撮影)

今月の言葉

今月の言葉(2月)

 「知識」と「知恵」

プラス思考で日本人の復興を

            ―風彦 


 「知識」と「知恵」は、「ニワトリ」が先か「卵」が先かの論点に似ている。「知識」から「知恵」が生まれる。「知恵」から「知識」が生まれる。これまた事実である。
 ある日、幼稚園児の母親から提起されたこの論点で、すこしばかりとまどった。
 が、私は単純な例をあげて説いた。ここに一つの林檎ともう一つの林檎がある。さて、林檎はいくつ? とたずねると、二つ。1+1=2で、当たり前の計算。林檎を六つにしたい。どうする? 1+1=6は成り立たない。さて、となると林檎を切ることにより、六つにする。これが「知恵」。そのあとにつけくわえた。
 幼いときから分かち合う心をはぐくむようにしたら―と。単純明快に理解してもらった。決して思想的な主義主張ではない。
 話は変わる。ある日、書店で一冊の文庫版を見つけた。完本「梅干と日本刀」―日本人の知恵と独創の歴史―(著者・樋口清之)である。六百五十一頁にのぼる分厚い本で、一昔前のベストセラーでもあった。
 樋口清之氏は生前、テレビなどマスメディアでも評判の学者(国学院大学名誉教授)。
 十二章にわたって日本人の先祖が培った知恵と知識のすばらしさを検証した一冊である。内容も語り口調の文章で、いまはやりの「雑学」の史書ともいえる。
 「日本には古来、すごい〝科学〟があった」「驚くべき〝自然順応〟の知恵」「日本人は〝独創性〟に富んでいる」「古来計画性に富む日本の職業教育」「日本企業の驚くべき柔軟性の原体」など、日本人讃歌論でもある。
 樋口氏は、敗戦後、日本人は、日本人でありながら自虐肯定論者が多いことへの批判の一書。この本の解説者、伊沢元彦氏は、「一種の文化的閉塞状況を打破。独善的な国粋主義に偏ることなく外国文化の優れた点を認めた客観的な日本文化の美点を捉えており、日本人に勇気と誇りを与えた名著」という。
 百年に一度という不況社会に対処するためには、日本人は、外国には見られない日本人らしい「知識」と「知恵」で、日本の伝統・文化の美点への回帰をはかることだろう。
 これは、政治にも企業にも社会にも「温故知新」―。古きをたずねて、新しきを知る―。
 何事も「グローバル」化という名の中で埋没してはならない。
 ―寒空に知者の一灯朝までも―

(風彦)   

雑感

雑感(2月)

代表取締役 田河内秀子

 美味しい蕎麦を頂いた。絶品の味! その日の朝に打った本物の手打ち蕎麦! しかも石臼で挽いたそば粉で作った蕎麦。初めて食べたそばがきも何とも美味!
 今まで食べていた蕎麦は一体何だったんだろう?
 面倒ぐさがりやの私は、蕎麦をゆでるのも面倒で、年末の年越し蕎麦ぐらいはかろうじて作り、家族で食べるのだが、それほどうまいと思った事がなかった。
 蕎麦好きの人が、ここのお店は美味しいよと教えてくれても、他の店との違いもあまり分からず、蕎麦に魅せられ、自分で蕎麦打ちの道具一式買う人だっているにも関わらず、全く理解が出来なかった。
 この年になって初めて蕎麦の美味しさに開眼。昨年は香港・台湾に行き、美味しい料理に舌鼓を打ち、中国料理には何と紹興酒が合うのかと紹興酒の美味しさにも驚いた。
 人生は捨てたものじゃない。この年齢になって食べる事で新たな出会いと感動を味わえる。
 今までは食べる事に対して、せっかく食べるからにはまずいものを食べるのは止めようというくらいの消極的な思いと、カロリーを取り過ぎないようにと注意をしていた程度だったが、少し損をしていたかな、と思う。
 美味しいものを探して食べ歩く人の気持ちが多少なりともわかった気がした。
 昨日は採れたてのサバを頂いたので、久しぶりにしめ鯖を作ろうかと思ったが、長いこと手間のかかる料理をしていない私は、サバを3枚におろせず、諦めて味噌煮にした。久しぶりに作った新鮮なサバの味噌煮はなかなかに美味しかった。
 いろんなものの作り方を忘れ、冷蔵庫の中をみても何の料理も浮かばないくらい、料理オンチになってしまった私。これからはせめて月に一回くらいはきちんと料理をしてみよう。まだまだ人生は続く。食べる楽しみを手放さない為に。

野鳥観察の楽しみ

身近な野鳥 「小さなキツツキ、コゲラ」

野鳥観察の楽しみ(七十七)

東広島の野鳥と自然に親しむ会
環境カウンセラー(環境省登録)
 新 名 俊 夫
 ▲写真上はコゲラ('09.1.17.西条町)〔Nikon D300, AF VR-Nikkor 80~400mm, 1:4.5~5.6D, 1/160秒,f/6.3,ISO400,トリミング〕
     

「タッタッタッタッタッタッタッ!タッタッタッタッタッタッタッ!」軽快なリズムで木の幹を叩く音が聞こえる。コゲラのドラミングだ。賑やかなエナガの集団がやって来た後、やや遅れて2羽でやって来た。松の幹に縦に止まり、くるくる横に廻りながら餌を捕っている。

コゲラは一年中見られる留鳥で、秋から冬にかけては、エナガの大群の中に混じって共に行動していることが多い。これを混群といい、他にシジュウカラやヤマガラなどが1羽から数羽、多くの場合混じっている。

コゲラはキツツキの仲間では最も体が小さく、スズメくらいの大きさである。背中は黒褐色で白い斑点が横に並び縞状に見える。下面は薄汚れた白色だが、胸の横から脇にかけて褐色をした縦斑がある。雄には後頭部に赤色の小斑があるが普通は見えない。

池のほとりの松林にやって来た先ほどのコゲラは「ギィーッ!、ギィーッ!」とドアが軋むような鳴き声を残しながら、エナガの大群の飛び去った方向へ後を追うように消えていった。本当にあっと言う間の出来事で、満足のいく写真も撮れなかった。

(2009年2月2日記)

著者へメールはこちらをクリック

感銘の一冊

日本力 アジアを引っぱる経済・欧米が憧れる文化!

縄文塾塾長 中村 忠之

縄文塾  

伊藤 洋一著   講談社α文庫  800円(税込)

 著者は住信基礎研究所の巣寂研究員だが、経済問題のテレビキャスターとして有名である。

 副題としては「アジアを引っ張る経済・欧米が憧れる文化!」また帯書きには、「次の30年は日本の時代!!」と、勇ましい言葉が踊っている。

 わざわざ著者が「日本刀ではない」と謳っているように、「日本力」とは余り聞かない言葉だが、かく示されると著者の言わんとしていることをもっとも的確に表現している言葉であろう。

 バブル崩壊後、低迷する日本経済を尻目に、チャイナそしてインドの躍進がはじまった。

加えて豊富な地下資源を武器に急成長を遂げてきたロシア・ブラジルという、いわゆるBRICsのめざましい発展の蔭に、バブル崩壊後の後遺症によって日本中悲観論が充満した。

 ところがこのバブル崩壊後の不況と言われる時代を精査すると、むしろ徐々ながら成長路線に転じた時期があったにも拘わらず、依然として日本は悲観論に覆い尽くされていたのだ。

 その後日本経済は、成長の度合いこそ違え今まで最長の「岩戸景気」を凌駕していくのだが、デフレを過度に懸念する日銀の政策で、依然としてゼロに近い低金利政策が継続されてきた。

その結果日本への投資誘導ではなく、低金利融資資金が石油などの先物に向かい、未曾有の石油高を招来してしまうのである。

 本著では、凋落著しいアメリカに代わって、世界経済の牽引力になっている日本経済の実力、すなわち「驚愕のエコ技術」に代表される精密技術や想像力を明示しながら、その一方で急成長を続けるチャイナ、そしてコリアとインドの分析から、それぞれの抱える問題点と限界を指摘する。


チャイナを覆う ディレンマ・トリレンマ

 たとえばチャイナでは、なによりも顕著になった民衆に対する指導力低下や、一向に改まらない地域間格差と、模倣商品の氾濫に見られぬ創造力の欠如が指摘されている。加えてこの国の環境汚染と砂漠化の進行はただ事ではない。

 しかも過熱する経済成長によって世界中のエネルギー資源の確保に狂奔していることや、続発する「有毒製品」や北京五輪に絡んでチベット問題の全世界的非難となっている点など、ディレンマ・トリレンマが露呈している。

 チャイナ その巨大な光と影 (参照)
  http://joumon-juku.jp/mori&hito/072.html


いびつなコリア経済

 韓国では、この国のGDPの20%強を占めるサムスン・グループの突出という異常性を指摘する。この国の企業で目立つのはサムスンとヒュンダイ(現代)くらいである。

 もし今クローズアップされている、サムスン会長の不正資金疑惑問題の去就次第では、サそのイメージ悪化や経営体制への影響だけに止まらず、この国の経済に多大のダメージを与えかねない危うさがある。

 この国の経済は、他国で稼いで日本に貢ぐというスタイルが定着している。これはコリアの製品の中に日本の技術が抜きがたく内蔵されていることを示している。

 日本を訪れた(親日家と言われる)李明博新大統領は、「日韓未来志向」を強調するのだが、日本でのテレビ出演に当たって、コリアンの心情を「(過去に)殴った者は忘れても、殴られた者は忘れない」と表現する。

 そこには過去日本がこの国に行ってきた善意の行為が一切影をひそめていることに気付けば、まだまだ手放しでは喜べない。


インドの限界

 さてインドだが、チャイナに次ぐ人口のこの国は、カーストという抜きがたい格差・階層社会によって、その富の偏在はチャイナを超えるものが現実なりつつあるのだ。

 以前紹介した「IITの衝撃」のように、
  http://joumon-juku.jp/jiji_syouron/54.html

 この国にエリートの実力は、英語圏というメリットも加わって端倪すべからざるものがあるが、この国の特徴はソフト産業に特化されている。

 なおこの国は「印僑」と呼ばれるように、商業面での実力が突出しており、例外的に製鉄業のミタル、自動車製造業のタタ自動車が注目されているが、製造技術と言うよりも、主として巧みなM&Aによって急成長を遂げたものである。


多様性ニッポンの強み

 第7章では、「世界を席巻する文化と経済」としており、理由として、「失われた産業が少ない」「産業の巾と拡がり」などを理由としている。

 併せて、先般来本メルマガで触れてきた、日本のポップカルチャーの実力とその根底にある日本人の美意識、タブーのない日本文化を取り上げているのだが、これこそ日本の持つ多様性の成果であろう。

 たとえば、「ポケモン」の市場規模は、実に3兆円あるという事実、キャラクターとして、すでにミッキーマウスなどの追随を許さない「キティーちゃん」など、日本人はもっと外に目を向け、自国の実力に自信を深めるべきことを強調している。


くたばれ悲観論!

 最後の章では「くたばれ悲観論」、あとがきでは「溢れんばかり創造性に恵まれた民族」を取り上げている。

 いつもマスコミが「負の要素」として取り上げる、少子化それに700兆円という財政赤字、GDPの低迷などについても、的確な反証材料を挙げて、「恐るるに足らず!」と喝破しているのだ。

 樂天主義者の中村には願ってもない1冊だが、もし日本経済の先行き悲観論を拭いきれない方にとっても、ぜひ「目からウロコ」の1冊であって欲しいものである。

今月の気になる本

『アイデアのちから』『脳と気持ちの整理術』

『アイデアのちから』

 チップ・ハース、ダン・ハース 著
飯岡美紀 訳 日経BP社発行

 ・単純明快である、・意外性がある、・具体的である、・信頼性がある、・感情に訴える、・物語性がある。
この6項目に即して、具体的なエピソードを紹介しながら、記憶に焼きつくアイデアを生み出す方法を提示したのが本書だ。
 一読した後、世の中でもてはやされている商品やCMのキャッチコピーなどを思い浮かべてみると、たしかに、本書の6項目のすべて、あるいはいくつかを満たしていることがわかる。
 各章に設けられた「アイデア・クリニック」というコラムは、例文を提示し、それを人の心により響くものに変えていくようなものにする趣向。表現力を鍛える格好のドリルとなっている。
 本紙、特に裏面になっている「舟入散歩」作成のヒントをもらえそうな気がして、思わず購入してしまった。

 

『脳と気持ちの整理術 意欲・実行・解決力を高める』 

 築山節 著 NHK出版 生活人新書

 個人的な感想だが、仕事力アップを目指した本は、どれも読んでいて疲れるような気がする。自分が最高だと思っているノウハウを伝授しようという姿勢で語ってくる著者とこちらの思考が戦ってしまうせいかもしれない。
 しかし、本書は、「脳」というものの特性を踏まえて、脳というものの力を引き出すためにはこうしたほうがいいよ、というおだやかなスタンスで書かれているせいか、アドバイスがすんなりと頭に入ってくる。まさに脳に優しい本。
 各章の終わりに、ポイントがまとめられているのもありがたい。「できることが増えると好きになる」、「五歩先に解決がある問題の一歩目をまず見つけよう」というように。
 本書を読んだら、悩むより、とりあえずしっかり寝て頭を休めよう、とわりきれるようになった。

(哉)

キネマ見ましょか

チェ 28歳の革命

【監督】スティーヴン・ソダーバーグ
【出演】ベネチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル

 1枚の写真を見ている。チェ・ゲバラが広島市の原爆慰霊碑の前に立っている。本作で描かれたキューバ革命の勝利宣言から半年後の1959年7月、永遠の戦士はこの場所を訪れた。
 裕福な家庭に生まれて頭脳も明晰なゲバラは、祖国で貧困にも革命にも縁のない豊かな暮らしをおくることもできただろう。しかし彼は常に「現場」に足を運び続けた。23歳の時にバイクで南米を旅し、28歳でキューバの革命軍を率い、39歳にボリビアで亡くなったアルゼンチン人チェ。彼の人生の三つの場面を、私たちは映画を通して観ることができる。そして映画に描かれなかった時間も彼の足は止まらなかったことをこの写真は語っている。感謝したいような気持ちになる「チェ 31歳のヒロシマ」である。  

 (nao)

フォトギャラリー

2009年01月05日

今月の写真

     
「アシブトハナアブ」
 初冬、温かい日差しを受けて林の中の菊花にやって来た。(2008.12.5 撮影)

今月の言葉

今月の言葉(1月)

 

「笑いの効用」

笑い上手は生き上手

            ―昇 幹夫 

 「笑う門には福来たる」―。この意味は言うまでもあるまい。「いつもにこにこして笑いが満ちている人の家には自然に幸運がめぐってくる」(広辞苑)
 「和合、平和、快活、明朗などは幸福を招く原因となる」(福音館小辞典文庫)。笑いは人間社会での大切な要素である。
 以前、職場の昼食時に、「笑いの効用」のおしゃべりを楽しんだ。座長格は年長者。物の本で得た知識を披露してくれた。
 「笑うとアセッルコリンの分泌が高まり、副交感神経の働きが強まり、末梢血管はひろがり血圧はややさがる。血中の糖分が減る。唾液、胃液などの分泌が高まる」(笑いの辞典・神吉拓郎著)。さらにかの有名な哲学者カントの自説まで話す。「哄笑は消化に必要な筋肉の振動であり、それは医者の投薬よりもはるかに消化を促す」
 はたまた「人は相手の笑い方でその人柄を知る」とまで説いた。
 いま、そのメモを拾い読みして思い出した。
 後年、NHKのある雑誌で「健康百話」(著者・昇幹夫)を読んで、よく理解できた。
 この人は、大阪の産婦人科の先生で、「日本笑い学会」の副会長。「元気で長生き研究所」を主宰。医師の立場から「前向きで極楽トンボの生き方が長生きの秘訣」と各地で説く。
 現実にガン患者に吉本興業の新喜劇を見せたり、落語を聞かせたり、糖尿病患者・リウマチ患者に「お笑いビデオ」を見せて治療効果を裏付けた。(詳細は割愛する)「人は賢くなったからこそ笑う。賢くなった分、同時に悩む。悩むだけでは、生きてはいけない。悩むことと笑うことはセット」(昇幹夫氏)
 昨年、NHKテレビの「プロフェッショナル百人の脳活用法」の番組で、脳科学者の茂木健一郎さんは、各界プロがプレッシャーに打ち勝った共通点を「笑いの効用」にあげた。
 笑い上手は、生き方上手でもあるようだ。
 さて、ことしは例年以上の厳しい不況の社会。
「去年今年(こぞことし)貫く棒の如きもの」と高浜虚子は、一夜にして年の移り変わる感慨を詠んだが、皆吉爽雨の一句に「茶の間には笑初めともなくつづく」がある。笑って暮らせる「福の神」の到来を望みたい。

(風彦)

  

雑感

雑感(1月)

代表取締役 田河内秀子

 新年明けましておめでとうございます。
 百年に一度の不況と言われ、新聞もテレビもちっともいいニュースがない昨年末でした。でもピンチがチャンスとも言います。いけいけどんどんの時代には世の中全体が浮かれ、乗り遅れまいと焦っていたように思います。一度立ち止まってひとつひとつを考え直す時でしょうか。
 個人の事で言えば、自分は何に価値をおいてどういう生き方をしようとしているのか?
 今の仕事の仕方はどうなのか? 仕事をする事で何を達成しようとしているのか? 人間関係はどう作ろうとしているのか? どういう死に方をしたいのか? それには自分の身体とどう向き合っていくのか?
 事業で言えば、経営理念は今のままでいいのか?事業の目的・目標は何か? 他に考えられる展開はないのか? 経費の使い方は目的・目標に合っているのか? 自分たちが作ったり売ったりしているものが社会にとって益となっているのか?
 社会との関わりで言えば、買物をする時、自分が買う事によって世界の誰かが不幸になっていることはないのか? 市場原理主義が行き着くところまで行っている現在、すべてが世界とつながっていることを想像するということ。そしてストップ地球温暖化、自分にできるささやかな事をやっていくということ。
 さて今年の大河ドラマは戦国の「利」の時代に「愛と義」を貫いた直江兼続。いよいよ「利」から「愛と義」の時代に大きく舵を切ろうと社会が動いていくような予感がしてなりません。とは言っても、実は妻夫木聡君や小栗旬君、城田優君などイケメン諸君に会えるのが日曜の夜のおばさんのささやかな楽しみ。うれしい!