« 2008年10月 | 2008年11月 | 2008年12月 »

今月の写真 2008年11月

   
「アサギマダラ」
フジバカマの花密を吸うアサギマダラの成虫。(2008.10.5 撮影)

フォトギャラリー

今月の言葉(11月) 2008年11月

 

「もったいない」と「捨てる」

―複合的な精神の苦悩― 

            ―風彦 

 食欲の秋というのに、いまなお相次ぐ食品をめぐる偽装、欺瞞の事件があとを絶たない。
 なかでも事故汚染米の流通事件に至っては、言語道断。政府も業者も指弾されるべきであり、指弾すべき重大な事件である。
 食は生命の源泉。食の不信は、政治への不信へ波及する。利潤追求のあまり、企業家は企業モラルをも一顧だにしないのか。あれほどまでに世の批判、非難を浴びながらである。
 以前、ビジネス評論家、今泉正顕著の本で読んだ言葉を思い出した。企業にたずさわる人間で大切なことは、「七つのシン」を忘れないことだと、強調して説いていた。そのなかで
 「真」。嘘やごまかしのない真実の「真」
 「信」。人間で一番大事な信用の「信」
 「心」。真心のある人の「心」
 この三つのシンこそが企業モラルのバックボーンではあるまいか。その欠如が今回の一連の不祥事である。
 こうした社会背景のなかで、過日、ある民放テレビで日本人の食の消費の無駄を指摘し、ケニアのマー夕イさんは、こう言った。
「地球上には飢餓に苦しむ人々が沢山いる。日本には『もったいない』という言葉があるのに『もったいない』心を忘れているのでは」と。
 今、現地では「もったいない」という言葉が「MOTUTAINAI」として広まっているそうだ。私たちは、食事の際でも一粒のご飯をこぼしたりすると、バチが当たる-。お百姓さんへの思いを。そして物への大切さ、人への感謝-という躾を受けて育った。それが日本人の倫理観でもあった。その心が希薄になったのは、戦後の経済社会の変化だろう。
 大量生産、大量消費…。消費こそが「経済天国」の思想を生んだ。戦前、戦時中、敗戦直後の貧しい時代を体験した世代の人間には、その思いが一入。「漢字の楽しみ方」(岩波書店発行)の著者、辰濃和男さんは、「捨」の項目で書籍、資料の整理などにふれながら「捨てるということは、執着を捨てること」と言い切る。が、何事も「もったいない」心の煩悩が世の功罪に-と思うと複雑である。

(風彦)

  

今月の言葉

雑感(11月) 2008年11月

代表取締役 田河内秀子

 今年も残りわずかになりました。昨年より今年にかけて、用紙やインキなど20%以上値上りし、とうとう十月から介護帳票の値上げに踏み切らせていただき、お客様には多大なご迷惑をおかけしました。でもそれにも関わらず、ご愛顧いただきまして本当に感謝です。もっとお役にたてるよう研鑚を積まなくてはと肝に命じております。
 又、九月・十月と我が社の事が新聞やケーブルテレビに取り上げられ、又、会計事務所のセミナーでの経営発表や中小企業家同友会経営研究会でのパネラーと今までにない体験をさせて頂きました。その上、社員までが地元新聞の『緑地帯』にコラムを書かせていただき、たくさんの人の目に触れさせていただく機会を得ました。
 それもこれも五年前から取り組んでいた介護事業所向けの企画が軌道に乗り何とか経営が安定してきたためです。たった一冊の小冊子から始まった介護事業所向け企画が今や我が社の大黒柱。経営危機の時諦めないで、何とかしたいと頑張ってきて本当によかったと思っています。
 でも問題はこれから! うまく行き出した時が危ないとは古今東西言われている事。まずは「一つ一つの仕事に心を込めて、社会に役立つ良い製品、良いサービスを創造し続ける」という経営理念に立ち返り、名刺ひとつ、封筒ひとつと日々の細かな仕事を大切に、しかし常に新しいものを創造することを忘れずに、社員全員で取り組んで参りたいと思っております。これからもよろしくお願いいたします。

雑感

身近な野鳥 「大きなガンのオオヒシクイ」 2008年11月

野鳥観察の楽しみ(七十四)

東広島の野鳥と自然に親しむ会
環境カウンセラー(環境省登録)
新 名 俊 夫
    
写真はオオヒシクイ('08.10.16、八本松町)〔Nikon D300、 AF-S Nikkor ED600mm、1:4DⅡ,1/1250秒、f/6.3、〕
     

国の天然記念物であるヒシクイが八本松町原に突然現れたとの情報が10月14日に入る。広島県では珍しい鳥で、今まで3回しか観察されていない。翌朝夜が明けると同時に現地を訪れる。この日はものすごい濃霧だったがすでに飛来していた。

ヒシクイは最近四つの亜種に細分類されている。仲間が日本鳥類保護連盟本部にさらに詳しい同定を依頼したところ、この鳥はオオヒシクイであると言う。オオヒシクイは日本海側に主に分布し、太平洋側への飛来は珍しいらしい。

オオヒシクイはマガンに似ているが一回り大きく、首が長い。特に、嘴が黒色で、先端近くが橙色をしている。亜種ヒシクイとの違いはオオヒシクイの方が嘴が長く、下嘴が薄い、嘴の上部の線がおでこの線と一直線につながっていることだ。

この2羽のオオヒシクイは多分番(つがい)であろう。いつも行動を共にしている。毎朝夜明け前にやって来て、田んぼの落ち穂を絶えず食べ続け、午前8時頃になると決まって何処かに飛んで行ってしまう。夜はどこかの池の中で寝るのであろう、胸にヒシの実や、水藻を付けていた(写真右)。

('08年10月29日記)
 このオオヒシクイは私の映像がNHKのアイラブビデオで放映されました。

 

野鳥観察の楽しみ

生物と無生物のあいだ 2008年11月

縄文塾塾長 中村 忠之

縄文塾  

福岡 伸一著  講談社現代新書  777円

 著者は著名な分子生物学者である。当然内容も専門分野に限定されるわけだが、こうした学術関連書籍にも拘わらず、40万部を超えるベストセラーとなったのはなぜか。一読すぐにその理由が判明した。

 名文なのである。西洋の学者に比べて文章力の面で大いに劣った日本人学者という先入観が、見事に打ち破られた訳だが、なにしろ難解で(実際には有機質なのだが、)無機質なテーマの深部に我々を引き込んで放さない。各所導入部の風景描写から実在の登場人物の心理描写を加えて、仕事内容の分析と、置かれた立場の分析や日米の研究環境の違いなども、さりげなく挿入しながら「生物と無生物の間」という本題に入っていく手法は見事と言うほかない。

 ここで取り上げられるのは、ウイルス/DNA/アミノ酸→タンパク質→消化酵素の細胞膜浸透作戦/遺伝子操作によるキメラ(1つの個体に2つの形質を備えた怪物)  などへの飽くなきアプローチの軌跡なのだが、著者の作業を始め、それぞれ大きな功績のあった人物の「人となり」やその背景に隠されたエピソードを鏤(ちりば)めながら、難解な仕組みには巧みな比喩・修辞(レトリック)を駆使して読者をぐいぐいと引きずり込んでいく。

もっともあまりに精緻な身体内部の仕組みに、著者の──たとえば「砂上の城郭」「ジグソーパズル」など──著者の比類なき比喩・修辞の妙を持ってしても、精妙な細胞や酵素などの働きを描写する上で、部外者の理解の範囲を超える部分はあるが、それは大目に見なければならないだろう。ついでだが、各章のタイトルの中で、たとえば『チャンスは、準備された心に降り立つ』『タンパク質のかすかな口づけ』『時間という名の解(ほど)けない折り紙』など、あまりに詩的であり、哲学的ではないか。

 著者はまた日米の大学研究室の大きな違いを教えてくれる。日本の持つ閉鎖性・特異性の一貫として、一つは、(千円札にもなり)我々日本人にとって医学的英雄であった野口英世の功績だが、我々が目隠しされている部分として、彼が「梅毒・狂犬病・トラコーマ・黄熱病」の病原菌を発見という輝かしい功績だけが(今でも)一人歩きしているが、当時ウイルス測定が不可能であったことも併せ、現在そのほとんどが否定されている事実がある。加えて(実際には)遊蕩癖と浪費癖で、人格的に信用がなかったらしい。ところが日本においてはいまだにその実像を隠したまま英雄野口英也が胸を張って一人歩きしている事実がある。

 さて成功と不成功の分かれ目は偶然とか運不運という、いわば「神のいたずら」がつきまとうようだ。DNAの発見で一躍有名になった、ワトソン・クリック両博士だが、実際にはその陰で、入り口一歩手前まで近づいた学者オズワルド・エイブリーや、知らぬ間にその功績を下敷きにされたまま死んでいったロザリンド・フランクリンなどを、愛情のこもった筆致で私たちに知らしてくれる。以前本欄で紹介した『ダーウィンに消された男(アーノルド・C・ブラックマン著)』における純真なアルフレッド・ウオレスに思いをいたした次第である。そこには「運がよかったか悪かったか」というギャンブルじみた運命がほの見える。ワトソン・クリックの偉業は、そうした先駆者の研究の上に成立するのだが、結局(いささか場違いな言葉だが、)「一将功なりて 万卒枯る」ことになるようだ。

 特に最近の電子顕微鏡やスーパー・コンピュータの出現以前とそれ以後では、研究環境に雲泥の差が生じることになる。このことはそれ以前の労苦の面と、今後の飛躍的な研究成果の両面で受け止める必要性を筆者は言外に指し示してくれるようだ。

 ルドルフ・シェーンハイマーが実験したのは、追跡用放射線処理した重窒素の同位元素(アイソトープ)に置き換えたアミノ酸の行方を追うというものである。それらは速やかにあらゆる細胞に行き渡るばかりか、分子レベルでの置き換わりまでがなされること、それにその消滅や入れ替わりも又めまぐるしいほどのスピードだという事実である。このことは、特にアミノ酸→タンパク質は、食事によって吸収された後、ものすごい勢いで体細胞に取り込まれ、また消え去っていくという代謝を行っていたのだ。

 言い換えると、私たちの身体は、日ならずして(骨に至るまで)全く新しい細胞にすり替わるという激しい代謝作用によって、「絶え間なく壊される(そしてまた造られる)秩序=動的平衡」で成り立ってとことになる。では脳細胞に至るまで全く新しい細胞に代わってしまった私たちは、どのようにして記憶の連続性を保っていけるのだろうか。生命を取り囲むナゾはかくも深い。

 著者が示す「生命」の定義は、「(DNAが行う)自己複製という行為」だという、一見即物的な結論だが、彼が倦むことなく微細で精妙な「生命の世界」へのアプローチを続けられたのは、決して彼が非情で冷徹な無神論的心情の持ち主だったからではない。エピローグで彼が少年時代に、チョウのサナギや、トカゲのタマゴに注いだ愛の眼が、彼が自然に生物学の世界の住人へと誘(いざな)われていった後になっても、ずっと生き続けていることがわかる。

 彼は、「生命に、生命のない(無生命)のアミノ酸・タンパク質・酵素、その秩序ある集合体としてのDNAが関わっている」という確たる信念を抱きながら、これからも終わりなきミクロ探検の旅を続けていくことだろう。

 多分この本は、科学に無関係な文筆家を目指す人にとっても、素晴らしい指標を指し示してくれるだろう。とにかく幅広い分野の人にとって、必読の書として強く推薦したい。

感銘の一冊

「いぬ会社」 「いい仕事の仕方」 2008年11月

「いぬ会社」

そにしけんじ 著 竹書房  発行

〔キャラクターがカワイイ!〕

 書店でこの表紙を見かけたら、店員さんに見つからないように、そっとカバーを外してみて下さい。パグの佐藤君とチワワの鈴木君が泣く泣く書かされた始末書が載っています。そのユーモアに笑ってしまうと同時に、私のような佐藤・鈴木両君に近い社員にとって文書見本として参考になりそうな気がしました。
 ところで、もし、あなたの上司がとても恐い人だとしても、いぬ会社営業3課のブルドッグの部長よりはましなのではないでしょうか。なにしろ、ブルドッグの部長は部屋にいるときは鎖でつながれているということなのですから。
 犬の習性と会社に出て働くということが、うまくミックスされた楽しい漫画集です。

 

「いい仕事の仕方」

 江口克彦 著 PHP新書

〔にんげんのかいしゃにつとめる あなたへ〕

 自己啓発書オタクを自認する私ですが、本書は、仕事をするということについて、最も要領良くコンパクトにまとめられているのではないかと思える著作です。若い人から、リーダーと呼ばれる立場の人まで、役に立つ内容となっています。
 「デキル人になる…」みたいな派手な本ではなく、自分の仕事を堅実に積み上げて成長していきたい人のために書かれた入門書です。

 

(哉)

今月の気になる本

アクロス・ザ・ユニバース 2008年11月

【監督】ジェリー・テイモア

【出演】ジム・スタージェス、エヴァン・レイチェル・ウッド

 ザ・ビートルズの曲を30曲以上使ったミュージカルです。でも曲だけではなく登場人物の名前も、台詞に挟まれる言葉にも、そして小道具にまでもビートルズが溢れています。リヴァプール生まれの主人公ジュードが、ニューヨークに渡って見つけた恋と友情とサムシング。愛しいひととのすれ違いや世の中の大きな動きの中で「誰にも何にも僕は変えられない」と歌うジュードの長く曲がりくねった道はどこに続いているのでしょうか…。
 時に荒々しく、時に幻想的な映像は1960年代という時代を感じさせるとともに、立ち止まっては途方にくれる若い日々の切なさを思い出させます。この映画はきっと、4人の音楽を持つ世界に生きているあなたや私の物語でもあるに違いありません。

 (nao)

キネマ見ましょか

[不定期連載] ひろしまくっちゃね隊―22 肉が喰いたい! 2008年11月

月末になり、忙しくなると残業が増える。

残業は嫌いだ、飲みに行けなくなるから。

夜遅くなるだけでストレスが溜まる、危険なくらいイライラする。

そうなる前に早めに夕飯を喰らい気持ちを立て直す。

そういう時はやっぱり肉だ。

肉しかないだろう、

肉しか。

焼肉か牛丼、ステーキ、ビフカツ色々あるが

今の気持ちはだ。

野獣のような笑みを浮かべ会社の軽トラのハンドルを北西に切る。

100メーター道路を気持ち暴走し、観音町にある焼肉屋の前に乗りつけた。

平日の夕方早い時間なのでまだガラガラだが煙りの匂いが付かないのでラッキー。
おばちゃんが気さくに注文を取りに来てくれたのでガツーンと頼む。

もちろん肉刺丼、

これから戦う男はこれしかない。

牛肉は吸収率の良い必須アミノ酸が多く、ストレス軽減の効果もあり、尚且つこの店の肉刺しは脂身が少ない赤身なのでヘルシーなのだ。

本来は焼肉や内臓系もめちゃめちゃ美味い店だが、焼肉の薫りを付けて回れる程に営業は甘くない(多分)

そんな時に強い味方が肉刺丼だ。

熱いお茶と暖かい手ぬぐいで気持ちをリフレッシュしながら心地よく待つ。

テンションが高まる寸前に愛想よくおばちゃんがドンブリを持って来てくれた。

ここから先はケモノの時間、邪魔する者は噛み殺すしかない。

0811-1.jpg

 

ドンブリは一見、一面のモミノリに黒く覆われている。

はやる気持ちを無理矢理抑え込み、その一画を崩し、ゆっくり持ち上げる。

0811-3.jpg

 

黒い森の中から鮮度の良さを感じる生肉、肉刺しが顔を覗かせる。

なまめかしいまでに赤く濡れ光る肉刺しは官能的ですらあり、思いがけず興奮する。

本来はガッツリ掻き混ぜほうばりたいとこだが、グッと我慢して肉刺しのみを味わう。

う、うまい。

脂身、さしのほとんど無い赤身はダイレクトに肉の味を口の中で纏わり付き、拡がる。

本来は内臓系のハラミなのに臭みもなく、

ただ旨い、

美味いのだ。

食欲を刺激され、温かい白飯をほうばる。

間違いない、美味い。

また生肉を今度は多めにほうばる。

0811-2.jpg
 

 

肉を噛み締める喜び、

生だけが刺激する太古からの本能的な快感(たぶん、妄想過多)

ああ、やっぱりレバ刺しとタン刺しも頼めば良かった。

この店は本当に生、生肉が旨い、うますぎる。

喰えば間違いなく、ビールを飲み、飲酒運転で身を滅ぼすだろう。

でも食べたい、

もっと生肉食べたい。

揺れる心を引き戻す為にタレの染みたご飯をほうばる。

山葵の効いた甘い醤油味がご飯にシミシミしてこれだけでドンブリ喰らいそう。

思わず笑みがこぼれる自分に気付く、やはり日本人は米が最高。

しかし揺れ戻しは激しく、肉を掴むハシは止まらない、止めれない。

赤身だけなのにこんなに旨い、いや赤身だからわかる美味さなのか?

ふいに肉を焼いた時の美味さを思い出し、テーブルの隅に追いやられた肉焼き器をじっと眺める。

次は焼肉と心に固く、そして強く誓い。

ついにルピコン河のカエサルの如く決断し、ドンブリを掻き混ぜ始める。

後は一心不乱、写メも撮らない。

胃袋に、ただ押し込むだけ。

美味い丼物に会話はいらない、ただただ口にほうばり、本能のまま嚥下するだけ。

空のドンブリを置き、まだ温かいお茶を一口啜る。

満腹感感と幸福感を噛み締めながら、仕事終わりのサラリーマン達とすれ違い、店を出る。

さあ、もう一仕事頑張るか?(たぶん)

広島くっちゃね隊

« 2008年10月 | 2008年11月 | 2008年12月 »