« 2008年11月 | 2008年12月 | 2009年01月 »

今月の写真 2008年12月

コバネイナゴ    
「コバネイナゴ」
葉の上で休む仲のよい夫婦。上がオス。(08.11.10 撮影)

フォトギャラリー

今月の言葉(12月) 2008年12月

 

「地球の温暖化を憂う」

            ―風彦 

 十二月は師走という。語源は「為果つ(しはつ)月あり、一年の終わりの物事をなし終える」―。
「この月は師(僧侶)と呼ばれるような人々も東西に走り回る」―。との俗説もあり、また、極月(ごくげつ)とも言う(現代俳句歳時記)、歳末らしい季節である。
 俳人・山口青邨の句に、こんな一句があった。
 ―極月の人々人々道にあり
 いつの世も歳末になると、街は人出で賑わう。不景気になればなったで、「Xマス商戦」・「歳末大売り出し商戦」が、よりいっそう激しく、騒然とする。以前、タイのバンコクでこの時期を迎えたことがあった。デパートの入り口に、赤いマントをまとい、トナカイのソリを操り、雪を蹴立てて走るサンタの大きな看板を飾っての歳末商戦を目にしたときは、季節の違和感があった。
 現地の人には暦通りの「歳末風景」だろうが、日本人には、師走といえば「冬の歳末」であるし、これまた「サンタといえば冬のXマス」として体感する。四季列島のなかで生きてきた遺伝子のせいかも知れない。
 広島気象台の資料によれば、昨年の十二月の平均気温は、七・五度。年により気温の変化は微妙な高低現象があるものの、百年単位で見ると一・八度高くなっている。
 気象庁の資料でも、日本は長期的には百年当たり一・一度の割合で上昇。とくに一九九〇年代以降、高温となる年が頻出しており、すでに自然界では、昆虫、植物、渡り鳥、海中の生物にも影響があるという。
 二年前、NHKテレビの番組「NHKスペシャル」では「地球温暖化」を取り上げていた。スーパーコンピュータの予測では、百年後の正月は紅葉の季節。四月は初夏…。モンゴルの草原は砂漠化に―。このまま気象の変化(温暖化)が続けば、当然、四季によってはぐくまれた日本の文化も衰退への道をたどるだろう。日本だけの問題ではなく、人類の危機であることを警告した。これは二百年先か五百年先かわからないが、過去、地球の気象変化で文明国家が滅亡した歴史もある。
 「病める地球」を救うのは、人類の知識と知恵の課題である。「行く年、来る年」の師走の風物詩のなかで考える。

(風彦)

  

今月の言葉

雑感(12月) 2008年12月

代表取締役 田河内秀子

 創業以来お世話になっている製本会社の社長様が、突然お亡くなりになりました。五十七歳の若さでした。亡くなられるつい二時間前には電話で話したのにと、うちの発注担当者が愕然とし言葉もありませんでした。家族を愛し、一生懸命仕事をし、友人知人仕事関係の方みんなに愛されたとてもいい社長さんでした。弊社もどんなに助けられたか。心からご冥福をお祈りいたします。
 今はケア手帳の製本作業をお願いしその最中でしたので、残されたご家族・社員さんで、もう翌日から頑張って頂いています。きっと社長様も天国から「悲しんでばかりいないでとっとと仕事をしろ」と言われているのでは・・・と思いますので。
 ピンピンコロリが理想の死に方とよく聞き、私もそうありたいと思いますが、五十七歳ではあまりにも早い! 本人もご家族も残念で仕方がないでしょう。
 ところで、私は二月生まれなので、今年は最後の五十代。仲の良い同級生達は一足先に還暦を迎えました。身体は正直なもので、さすがに元気印の私も、あちこちガタがきています。血圧はもう十二年前から上昇しはじめ三年前から薬でコントロール、肌はカサカサ、シミが目立つようになり、少し高めの化粧品を奮発しました。  幸いな事に、肝機能・脂質・糖など、血液の中身には問題ありませんが、腹囲に問題が・・・。今年の生活習慣病予防検診での結果は腹囲+血圧の項目で要経過観察です。せっかく頂いた命、あの世に行くその日まで、しっかり働けるよう日々メンテナンスをおこたらないようしなくてはと改めて肝に命じております。中小・零細企業の経営者は得てして自分の健康を後回しにしがちですので。

雑感

身近な野鳥 「馴染み深いウミネコ」 2008年12月

野鳥観察の楽しみ(七十五)

東広島の野鳥と自然に親しむ会
環境カウンセラー(環境省登録)
新 名 俊 夫
    
写真はウミネコの成鳥('08.11.16.安芸津町)〔Nikon D300, AF-S Nikkor ED600mm, F4DⅡ,1/2500秒,f/6.3,ISO800,トリミング〕
     

カモメの仲間のウミネコは東広島で見られる最も馴染み深い海鳥である。安芸津町の高野川河口に行けば、6月後半から7月を除いてほぼ一年中見る事ができる。潮があれば、どんなに浅くとも必ずやって来て、水浴びをする。

ウミネコは集団性が強く、いつも20~40羽の群れでいる。水浴びに飽きて誰かが飛んで行くと、みんな飛んで行ってしまい、沖に係留してある漁船や、ブイの上で休むか身繕いをする。飛んでいるとき「ミャー」と鳴くことがあり、ネコの鳴き声に似ているのでその名が付いた。

成鳥はハシボソガラスくらいの大きさで、背中は暗青灰色をしている。頭の色は夏には白く、冬には薄い褐色が混じる。黄色い嘴の先に赤と黒の斑紋があり、足が黄色なので、他のカモメの類と容易に区別できる。

営巣地は出雲大社の近くの経島(ふみしま)が良く知られている。しかし、繁殖のできる成鳥になるまでには3~4年かかり、それまでは全体的に赤褐色や灰色をしていて、嘴は青味がかった黄色で、先端部分に黒い斑紋が付いている。

('08年11月29日記)

 

野鳥観察の楽しみ

進化しすぎた脳 (ブル-バックス) 2008年12月

縄文塾塾長 中村 忠之

縄文塾  

池谷 裕二著  講談社ブルーバックス  1050円(税込)

 この欄では06年8月に、著者とコピーライター糸井重里の対談集『海馬』を紹介したが、本書は中高生との対談という形式で、脳の(特に認知機能の)仕組みを平易に説いている大脳生理学入門書である。帯書きに「しびれるくらいに面白い」とあるが、まさに看板に偽りはない。勿論専門的すぎて付いていけない部分はあるものの、ついつい引き込まれて読み進めることになった。

 この本からは私たちは、今まで知らなかった、知らないまま誤解していた大脳の仕組みと、そこから生まれる記憶の不確かさを、「不確かだから素晴らしい」というパラドックスの中で、いつしか受け入れてしまうことになる。

 また同時に、見ることの出来ない脳の内部が、ここまでわかっているのかと言う驚きと同じくらい、(著者が)「まだほんの入り口にさしかかったところだ」と言う二律背反にも遭遇することになる。

 本書の構成は、「人間は脳の力を使いこなせていない」「人間は脳の解釈から逃れられない」「人間はあいまいな記憶しかもてない」「人間は進化のプロセスを進化させる」という4回の講座が中心で、その後に著者の研究室(東大・薬学系研究科/薬品作用額教室)の大学院生との対話を中心とした「僕たちは何故脳科学研究するのか」が加わる構成となっている。目的が中高生対象だし、質疑応答を含めた会話形式だから理解しやすくて有難い。各章で「目からウロコ」の体験を幾つもすることになるが、それをここで、的確に伝えられないことがいかにも歯がゆくもどかしい。以下特に印象を受けた点だけを紹介したい。

 第1章では、他の臓器は概して、それぞれ1つの仕事をこなすだけなのに、脳ではいくつもの仕事を行っていること、その作用は決してコンピュータのように正確ではなく、曖昧性あるいは柔軟性といえる作用の集積であることを教えてくれる。また視覚から得られる環境は、もともとそこにあったものではなく、人の脳でつくられたものだと言うことを教えてくれる。

 そして人は、(幸か不幸か)進歩しすぎた脳を持っているのだという。ただ身体は脳に命令で制御させているようだが、逆に身体の持つ機能によって制約を受ける存在でもあること教えてくれるのだ。

 また自分のどこまでが自分であることかを追求していくのだが、おそらく脳以外のすべてをサイボーグみたいに置き換えたとしても、やはり自分であることの不思議さも教えてくれる。これは前号福岡伸一の、「ごくわずかな期間にすべての細胞が更新されながら、「依然として自分である」という事実と合わせ、人体特に脳の不思議さに打ちのめされる思いである。

 第2章では、「いったい心となにか?そしてどこにあるのか」というテーマに迫る。著者によれば心はけっして心臓など多の臓器にあるのではなく、やはり脳にあるというのだが、さて脳の何処でどのように「心」が生まれ作用するのだろうか。著者によると、脳の活動は脳神経の発する電気作用と、タンパク質・アミノ酸それにイオンの移動とフィードバックという、至極即物的な作用で生まれ、特定の神経細胞が放出する脳内物質、たとえばドーバミンとか、エル・アドレナリンなどの微妙な働きで「喜怒哀楽」が生まれ、その作用が表情にも反映されるのだ。

 人特有の感情は、人が「言語を持った」ことから生まれたのだと著者はいう。言語のよって人は「抽象」という概念を会得するのだが、それによって多彩で複雑な感情が発生したのだ。

 第3章では、脳の1000億、大脳だけで140億もある脳細胞(ニューロン)が、各種の神経伝達物質を受容体に伝え且つフィードバックさせるシナプスのメカニズムを紹介し、その一つ一つの仕事は至極あいまいで伝えたり伝えなかったりしながらトータル的には適切な認識をもたらす不思議さも教えてくれる。

 第4章では、いま問題になっているアルツハイマー病の原因と治療薬開発状況に迫る。問題は、人間を実験台にすることは出来ないので、主としてマウスを使っての実験という制約がある。

 実はアルツハイマー病患者の脳の表面に老人斑が出来るのだが、そこに細胞を破壊する因子があることがわかっていた。それ以外にも遺伝によるケースなど、かなりの事がわかってきた。著者は薬学専攻で、このアルツハイマー病の解決、薬品の開発に従事しており、治療薬の開発も進んでいるのだが、こうしたたゆまぬ研究にも拘わらず、人は脳のごく一部しかわかっていないということを、脳学者の立場としてもどかしさ半分、しかも「そう簡単にわかってたまるか」という愛情半分でいることを素直に告白している。

 また著者は、いま注目されている分子生物学者の、部分部分から全体像を求めるという還元主義手法を、「分解したらわかったといえるのか」と批判した上で、脳細胞はいわゆる「複雑系」、勝手気ままに動いているようだが、意識と無意識をつなぎ、身体と脳をめまぐるしく行き来しながら、結果として脳全体の秩序を組織化し進化させているのだとし、総括として「ヒトの脳はなんのためにここまで発達したかというと、<柔軟性を生むため>の一言に尽きる」と結論している。

 第5章、大学院研究室の学生たちとの対談では、より高度な脳談義の応酬がみられる。読んだときのお楽しみのために、ここでの紹介は割愛したい。本編を通じて脳の不思議さを実感できるが、さて人が、「自分の脳で自分たちの脳のことを考えるということの不思議さ」を、今更ながら思い知らされるばかりである。
   
 ただ読書感を始め、伝えたいことが上手く出来ないことへのいらだたしさがひとしおで、本書評を書いた後のむなしさを憶えるばかりである。

感銘の一冊

「職人学」 2008年12月

「職人学」

 小関智弘 著 株式会社講談社

 小関さんは、約50年にわたって旋盤工として働きながら、作家としてもご活躍され、町工場を取材したノンフィクションや小説を書いてこられた方。本書は、氏のお仕事のエキスのような内容になっている。見て、聞いて、実践されてきた人だけが書ける、現場で働く者の心意気と熱い血の通った『仕事論』・『人生論』といえるだろう。
 「機械にニンベンをつける」とは、小関さんがよく書かれることの一つだ。一つの仕事が工夫次第でやりやすくなり、生産効率が高まる。不可能に思えた仕事が、あっけなくできてしまう。そんな意味のことを「職人語」で表現したものだ。
 新しい技術が導入されて、一見時代遅れの用済みなものと見なされそうな技術が、経験を積んだ職人の手によって現代のハイテク技術を支えているという例は数多い。また、若い世代の新しい技術と職人たちの経験値がコラボレートして、すばらしい物が生み出される場合もある。町工場で金属を加工したことのない者にも、小関さんの文章は説得力を持って迫ってくる。
 また、氏が取材の過程で再会した、かつて共に働いた仲間たちの積み重ねてきたもの失ったもの…。「人生」という地層の断面を、小関さんの筆は鮮やかに描き出す。

(哉)

今月の気になる本

『空白の天気図』『広島の四季』 2008年12月

【空白の天気図】柳田邦男 監修
広島気象台・広島平和文化センター製作

【広島の四季】広島市 製作

 「空白の天気図」は、先月のこのインフォメーションの裏面「舟入散歩」でも紹介した、柳田邦男著の同名の小説を映像化した作品。被爆当時の江波山の気象台で「欠測なし」の観測作業を続け、被爆状況の調査に取り組んだ台員たちの姿を描く。約13分のビデオだが、原作のポイントがうまくダイジェストされている。
「広島の四季」は、タイトル通り広島の四季を代表する風景が美しい音楽とともに5分間、スライドショーのように映し出される作品。地元の者にはおなじみ風景だが、来広された外国の人に広島の風物詩を紹介するとき格好の手引きとなるのではないだろうかと思った。
 二本とも広島江波山気象館のビデオルームで鑑賞することができる。

 (哉)

キネマ見ましょか

西山仁胤のおもしろインターネット放浪記 2008年12月

 『北米航空宇宙防衛司令部が、サンタさんを追跡!』 http://www.noradsanta.org/

 突然ですが、あなたはサンタさんに会ったことがありますか? 僕はこれまでサンタさんにたくさんのクリスマスプレゼントをもらいましたが、一度もお見かけしたことがありません。

「一度で良いからサンタさんに会いたい!」

そんな夢を叶えてくれる…かもしれないサービスを、なんと!アメリカの北米航空宇宙防衛司令部(略称:NORAD<ノーラッド>)が毎年クリスマスに実施されています。

 クリスマスの夜、アメリカ軍が誇る世界最新鋭の人工衛星とレーダー網が、サンタさんがトナカイのソリでどこを飛んでいるかを教えてくれるんですって。超高速ミサイルも見つけてしまう性能だそうですから、サンタさんを見つけることなんてお茶の子サイサイでしょうね!今年のクリスマスはノーラッドのホームページを見ながら、「メリークリスマス!」しましょう! 

(エリッキサー 西山仁胤)

インターネット放浪記

タニシ君が行く! 2008年12月


タニシ君が行く!

社員のひとこと 2008年12月

●この季節、家の前の道は街路樹の落ち葉でいっぱいで冬の到来を感じられます。(K)

●ローンを組んでパソコンをGET! 欲しい機器がいっぱいです。(山)

●日本人主婦が宇宙へ行く。私が行けたら、はたして浮くかな?(Q)

●いよいよめがねが必要になってきました。(お)

●今年は雪が降りそうな予感がする。道具の用意を急がねば!!(伸)

●急に寒くなりました。救急車に出会わない日がないくらい…普段から健康管理気をつけたいですね…(モン)

●夢の木はどこへ行ったの?(哉)

●インナンが矢野の義兄とは…。(北)

●今年は、いろんな事があり、考えさせられる一年でした。(千)

●自分は、大晦日が誕生日なのでケーキを食べてそば食べて年越します。(尚)

●パティシエ、またお願いします!!(朝)

●もうさぶいじきになってきたので、大変です。(幸)

●寒くなりました。キムチ鍋、水炊き、寄せ鍋のローテーションです。(B)

●いっぺんに寒くなった。やっぱり冬はこうでなくちゃ。真っ赤なコートが欲しいなぁ! でも着る勇気ないか?(秀)

社員のひとこと

広島食べ歩き隊『麺屋か味噌』 2008年12月

舟入本町の広電の停留所の側にそのラーメン屋はある。

会社の側にあるのだが最近ハマっています。

normalmotonari%EF%BC%92.jpg    

店自体はまだ新しく店主も若い。

しかし日々、美味くなっているのをひしひしと感じます。

最近流行りの季節限定ラーメンに、その積み重ねた一端を衝撃と共に味わいました。

久しぶりなんで堅い、固い表現ですが、単純に旨かった。  

本当に上手い。

去年のごま味噌より思い切りもよくなり、
ハマリました。

今年も味噌だが、店主のこだわりの味噌ブレンドとこの店独特の濃縮度の高い、強いダシの味がマッチしている。

でもマイルドで優しい味なのが不思議です。

さらに滑らかな太い縮れ麺とがっぷり四つという感じ。

misofutomen.jpg

今年は寒いから、優しい味噌と食い堪えのある麺の組み合わせはたまりません。

いつもと違う白い器は口が狭く深い。

でも手に収まる感覚は優しくて、ほのかに上品で好きな感じ。

店主のこだわりの香りを閉じ込めて、ドンブリに顔を近づけると旨そうな匂いが鼻孔をくすぐり、食欲をそそります。

misosoup.jpg

また最後まで暖かく楽しめたのがこの寒い時期には嬉しかったです。

満腹感と満足感に包まれて店を出ようと思った時、出口の張り紙を思い出しました。

そう、この店は麺屋を名乗るだけあり、麺もこだわりがあるので、

つけ麺やラーメンの麺を平打ち麺に変える事ができるんでした。

店主に味噌もできるのかと尋ねると、出来ますよと、

来週にまた味噌ラーメンに変化を加えると丁寧に教えてくれました。

聞いたからにはすぐに行くのが僕の良い所、翌日すぐににまた再訪。

味噌ラーメンに平打ち麺を注文。

茹で上がるのに時間がかかるのだが、美味いんでそれもまた楽しい。

普段は柔らかい麺なんで、体調が悪い時によく食べるが、味噌ラーメンにも期待。

待ち時間にテンションを上げながらラーメンが来たと同時によだれを啜る。

味噌にぺらぺらの平打ち麺、まるでキシ麺かパスタの平麺のよう。

misohirauti.jpg

少しウェーブがかかっているのかスープが絡みおいしい。

太麺の口の中で踊るような食感とは違う、ツルツルで滑らかな平麺が、ひたひたと口内の粘膜に心地良いです。

途中で一味唐辛子をかけると味噌とは相性が良いし、身体も一段と暖まりました。

う~ん更に更に再訪、

22日の月曜日、普段なら月曜日は定休日なんですが年末の為か開いてました。

もちろん入店。

入口の張り紙を見ると海老味噌ラーメンの文字が。

店主に恐る恐る尋ねると、味噌ラーメンに焼いた甘海老と海老油を追加しているそうです。

もちろん、即注文。

周りのお客さん達も海老味噌の話をしたり味噌ラーメンを食べている。

勝手にテンションを上げていると海老味噌が登場。

 

ebimiso.jpg

なるほど~、器が朱い。

味噌ラーメンの器と形状は全く同じで色違い。

ここまで計算されていると単純に嬉しくなる。

こんがり焼いた海老と海老油に味噌は確かに合う、

ドンブリとの調和もバッチリだ。

ebiebi.jpg

しかも味噌ラーメンより20円しか値段が上がらないのも魅力的だ。

個人的には上品過ぎるので、海老味噌ラーメンはもう少し海老を煎餅風にパリパリに焼き潰したり、

炒るか揚げた干し海老のパウダーを追加したらなど?と勝手に思うが、

女性やお年寄りにも好まれる美味いラーメンだと思います。

 

ebifutomen.jpg

というか久しぶりに

美味い味噌ラーメン食べた気がします。

今年の冬はまだまだ始まったばかりだから、美味い味噌ラーメンがあると思うと励みになるな~。

 

広島くっちゃね隊

« 2008年11月 | 2008年12月 | 2009年01月 »