« 2010年01月 | 2010年02月 | 2010年03月 »

今月の写真 2010年02月

1002kokamakiri.jpg
【コカマキリ】小春日和の光を受けて、天を指すコカマキリ。 
(2009.11.4 東広島市で撮影)
東広島の野鳥と自然に親しむ会 環境カウンセラー(環境省登録) 新名 俊夫

フォトギャラリー

今月の言葉(2) 2010年02月

反省とは知恵を得ること

            ―鈴木秀子、聖心女子大名誉教授 

 「シスター鈴木秀子の愛と癒しの366日」(海竜社発行)を読んでいたら、二月二十四日のページで表題の言葉を見つけた。
 「反省とは後悔することではありません。ひとつの体験を通して知恵を得ることです。あのやり方は悪かった。あの行動は失敗だった、と気づきます。その気づきを生かすのです」(中略)―。この言葉を読んだとき、先年、亡くなった長沼健さん(元.日本蹴球協会会長)の言葉を思い出した。長沼健さんは、私と同年代、同じ広島県出身で、東京在住の新聞記者時代に「健さん」と呼ぶ昵懇の仲で新聞社の専属評論家にもなってもらっていた時代だった。
 「勝った試合よりも負けた試合から学ぶことが多くある」が持論。最近では楽天の監督時代の野村克也さんもボヤキのコメントで度々語っていた。
 二人とも一時代を築いた“知将”であるが、私の知る限り、プロ球界では、水原茂、三原郁、鶴岡一人、西本幸雄などの“名将”たちも異口同音ながら敗戦の弁を述べていた。
 これは勝負の世界でもさることながら、人生でも言えること。
 鈴木秀子女史が、そのへんのことを諭したのも頷ける。彼女は、現在、聖心女子大名誉教授。若き時代に八年間修道院で修行した異色のクリスチャン。同著のあとがきには「深い知恵は自分の中だけでとどめておくとすぐ消えてしまいます。浮かび上がってきたらすぐつかまえて身につけると、あなたの素晴らしい財産となります」(後略)
 この財産は、金では買えない宝。その宝を磨くため、この宝を他の人と分かち合う場をもつことだ、と説く。
 私は考えた。この言葉は即座に“野村カープ”にも言える。
 Bクラスに四年間低迷した“ブラウンカープ”から生まれた反省は、野村新監督の知恵?   でハードな練習の復活だった。
 しかし、ここで懸念されるのは、ブラウン野球から野村野球へのモデルチェンジが円滑に切り替えられるか。赤ヘル黄金時代のバックボーンは「練習ハ不可能ヲ可能ニス」(大野)練習場の石碑=元、慶應義塾大学長小泉信三氏の言葉)であった。高橋慶彦、山崎隆造、正田耕三らプロ球界を代表するスイッチヒッターの誕生がそうだった。
 知恵から生まれた財産=宝を監督、コーチ、選手が互いに磨く場があったからだ。
 私は、敬虔なキリスト信者ではないが、おりにふれて読む「シスター鈴木秀子の愛と癒しの366日」には教えられる。

(風彦)

今月の言葉

雑感(2) 2010年02月

代表取締役 田河内秀子



 年末から膝を痛め、歩行困難! しかも大晦日の夜に携帯を失くし、踏んだりけったりで新年を迎えた。携帯が悪用されないかと心配で、生きた心地がしなかったが、幸いにして2週間後、警察から連絡があり手元に戻ってきた。タクシーに置き忘れていた。心当たりのタクシー会社には電話をしたのだが、違う会社のタクシーだったのだ。もしかしたら落としたのではと、近くのスーパーや駅に届いていないか尋ね、警察に届け、携帯会社にロックと回線停止のお願いをし、それでも心配なのと不便なのと・・・ 
 携帯のない生活は、友人や家族に連絡をとろうと思ったら、たしかあれに書いてあったはず! と住所録を大探し。なんでもかんでも携帯に入っているので不便このうえない。そしてとうとう出てくるのが待てず、新しい携帯を買った。店員にすすめられるまま、最新版のカッコいい携帯にしたのはいいが、さっぱり操作がわからない。娘に「なんで簡単ケータイにしないのと!」と怒られる始末。着信音も変えたいし、待ち受け画面も変えたいのに変え方がわからない。娘が暇になったらやってあげると言ってくれているので、大人しく待つことにした。
 今年は還暦明けの年。厄年ということで、身体も変調をきたしやすい。今日は膝の検査に広島市立リハビリセンターに行った。廊下を行き来する半身麻痺の患者さん達はどうみても同年代。ハッキリ言ってヤバイ。飲み忘れている高血圧の薬が頭に浮かんだ。
 しかし新年早々、こういう事に遭遇するということは、ひとつの警告ではないかと思う。いつまでもいいことは続かないし、悪いことも続かない。
 ちょっとしたトラブルではブレーキを踏み、周りを確かめ、信号が青になったら、またアクセルを踏んで前にすすんで行こう!

雑感

身近な野鳥 「10数年ぶりのイカルチドリ」 2010年02月

野鳥観察の楽しみ(八十九)

東広島の野鳥と自然に親しむ会
環境カウンセラー(環境省登録)
新 名 俊 夫
1002irukachidori.jpg  
写真はイカルチドリ(‘10.1.6.東広島市西条町)〔Nikon D300, Nikkor ED,AF-S 600mm,1:4DⅡ, 1/800秒,f/6.3,ISO400,トリミング〕

 

 今年は正月が過ぎても寒い日が続いている。このような気候に変化のある年は例年とは違った野鳥が観られるものである。 6日夕刻、その期待通り、10数年振りに近くの池でイカルチドリに出合った。その3日前、大沢田池で見つけたトモエガモを探しているときのことである。

 訪れた近くの池はすぐ傍の道路を工事中で、池も堤防を修理したばかりで、鬱蒼と茂っていた樹木はすっかり切り払われている。期待は薄いが念のため覗いてみた。予想外にも少数ではあるがカモ達がいた。トモエガモはいなかったが、カモの種類と数の計測に入った。その時、足元の岸辺の泥の上にイカルチドリが3羽いるのを発見した。

 イカルチドリはコチドリに良く似ている。顔から頭にかけての模様や、背中の灰褐色、下面が白く、首輪のような黒い斑紋、淡黄色の足などはそっくりである。しかし、イカルチドリの体の方がやや大きく、黒い嘴もやや長い。目の周りのアイリングもやや色が薄く細い。

 私はもう永く近くでイカルチドリに会っていなかった。以前はカモの観察時期に、池の岸辺や、中州のような処でよく見かけていたのに、どうした訳か、この10数年間も見かけなかった。ところが、久しぶりに訪れた三永水源地でも1羽であるが会うことが出来た。しかし残念なことに、その後いくら探しても、イカルチドリは姿を見せてくれない。

(2010年1月28日記) 

野鳥観察の楽しみ

インド夜想曲 2010年02月

アントニオ・タブッキ 著 須賀敦子 訳
株式会社白水社 発行

 『あの小説を読みかえしたい』と頭の隅で思いつつ10年以上経ってしまった。ネットで探そう。PCの前に座ったら検索してみようと思いつつ、また日が経つうち、町のいつもよく行く書店の棚で見つけた。
 なぜ、私の心の中で、浮きつ沈みつしながらも、引っかかっていたのだろう。その理由を探るように本書を開いた。
 『失踪した』友人の所在を求めて、インドを放浪する男が主人公。彼が、ポンベイ、マドラス、ゴアといった町で出会う人々は、現在のインドという国を体現している人たち。タクシードライバー、娼婦、牧師、占いをする少年、ホテルのボーイ…。
 第一人称で語られる文章は、謎めいていて、推理小説のような感じもするが、読みながら、手に汗を握る…という類いの小説ではない。明確な解決が示されるわけでもなく、そもそも問いからして読者に取っては曖昧模糊としている。最後の頁までたどり着いたら、おぼろげながら、作者の意図が見えるような気もした。しかし、それが正しいかどうかはわからない。
 主人公の目に映る情景は詩的で美しい。たとえ、そこが貧富生死がごった煮となった場所であり、そこにいるのは寂しい人間ばかりであるとしても。
 初めから終わりまで、ずっと夢を見ているような感じ。それを味わいたい。この小説が、密やかに私の心の片隅に残って来た理由かもしれない。「インド夜想曲」というタイトルは、まことに適切だと思う。同じ著者で、「遠い水平線」という本もあり、これも同じように淡く長く私の心に留まり続けている。(哉)

今月の気になる本

アバター 2010年02月

【監督】ジェームズ・キャメロン
【出演】シガニー・ウィーバー ゾーイ・サルダナ サム・ワーシントン

 初めての映画を見るたびに、スクリーンを通して今まで気付かなかったものの見方や、予想もしない創造物などに出会うことは新鮮な楽しみです。この映画は、3Dという映像技術でその楽しみを与えてくれました。
 パンドラという星で秩序を保って生活を送っているナヴィ達は、貴重な鉱物資源の採掘を目論む地球人によって危機にさらされています。パンドラに乗り込んだ地球人のアバター達はこの星を破滅させてしまうのでしょうか。
 美しい青空、緑の樹々、澄んだ水のパンドラの風景は立体映像によって本物の景色のように目の前に広がります。しかし映画の中の地球は、そんな自然の風景を失ってしまった星として描かれています。美しい風景は3D眼鏡をかけなければ見ることができない星では、映画の楽しみも無くなってしまうことでしょう。

キネマ見ましょか

タニシ君が行く! Re 2010年02月

1002tanishikun.jpg

タニシ君が行く!

社員のひとこと 2010年02月

暖冬だと言われていたがここにきて本格的な寒さが。カゼをひかぬようにせねば(K)

母の実家に帰省した三箇日、毎日雪かきでゴロゴロなまけるどころかひどい筋肉痛に・・・。(山本)

毎日寒い中、岩国では梅が咲いたと聞くと、春がきてるんだとホッと暖かな気持ちに。(Q)

初詣でひいたおみくじは大吉でした。神様今年一年よろしくお願いします。(^_^)v(お)

最近、生活習慣を改善する為に朝ごはんを食べるように努力しています。(伸)

今年の一月は、以前とちがったてかなり冷えこんでいるので体調に気をつけようと思います。(幸)

自分の為、家族の為に健康第一!! で維持・努力していこうと思ってます…(モン)

予感がする。石が出る予感。(哉)

こんな時は、今一度、自分のまわりを見直しましょう。(北)

「冬来たりなば春遠からじ」(千)

今年はなんだか、よく雪が降るなぁ。やっぱり寒冷化?(朝)

いよいよ寒さも本番といった所ですね。春が本当に待ち遠しい今日このごろです。(元)

正月に親友達と語り会えて幸せでした。私もガンバろっと!(B)

新年会で太りました。(高)

最近、朝目が覚めると体温計で熱を測っている。36.5度が目標。皆様は何度?(秀)

社員のひとこと

« 2010年01月 | 2010年02月 | 2010年03月 »