« 2011年10月 | 2011年11月 | 2011年12月 »

今月の写真(11) 2011年11月

111107miyafukibata.jpg
ミヤマフキバッタ

 

山(約500m)に登る途中で出会った。
 
(2009.10.02.東広島市河内町)
東広島の野鳥と自然に親しむ会 環境カウンセラー(環境省登録) 新名 俊夫

フォトギャラリー

今月の言葉(11) 2011年11月

「文化」と「文明」を考える

習慣、風俗と技術開発の物質的な影響

 十一月は日本列島「文化の花」の花盛り。三日の「文化の日」をきっかけに小、中、高校、大学のみならず国をあげ多彩な文化祭が催される。皇居では各界の文化功労者の表彰も。まさに季節の風物詩。戦前のこの日は明治天皇の誕生を祝う「明治節」。1948年、廃止され、「国民の祝日」―「文化の日」―になった。
 ある友人がいった。「文化の日」があって「文明の日」がなぜ無いのか。また「文化」と「文明」の違いはどうなのか。
 いささか返答に窮した。多分に「文化」は「文明」と同義に解釈されることがある。
 「文化とは文徳で民を教化すること。世の中が開けて生活が便利になること。学問、芸術、道徳、宗教、政治などの生活形成の様式と内容―。西洋では人間の精神的生活にかかわるものを文化と呼び技術発展のニュアンスが強い文明と区別する。文明は文教が進んで人知の明らかなこと。主教、道徳、学芸、などの精神的所産としての狭義の文化に対し人間の技術的、物産的所産」(広辞苑)
 生前、司馬遼太郎さんがいった言葉が一番分かりやすかった。
 「文明は交通信号機。文化は赤になったら止まる。青になったら進む。交通道徳や」
 この人はまたこんなことを話した。
 「個人の文化もあれば、民族が共有する文化もある。それは慣習、習慣といってよい」
 環境、風土により、それぞれの文化がある。
 その文化の違いを理解することである。都会には「都会の文化」があり、田舎には「田舎の文化」がある。「文化の日」の趣旨は自由と平和を愛し文化をすすめることだという。
 話は前後する。
 確かに「文明の日」はない。「文化」と「文明」とは表裏一体だからか。
 これまでの近代日本史からみれば、「文明」といえば、鉄道、郵便もあるだろうが、やはり電気、電力にかかわる事業だろう。(これは私の独断と偏見)と、なると電気の普及に貢献した発明王のエジソンの誕生日、1847年二月十一日を「文明の日」にしたらどうだろう。
 いま私たちの生活様式は、電気エネルギーなくして考えられない。その電気エネルギーの基盤に登場していたのが、原子力エネルギー。それが東日本大地震で福島の原発事故から核汚染を誘発。一気に脱原発運動が盛り上がる破目に。原子力をめぐる賛否両論は国運を左右しかねない。日本民族の最大の課題である。「文化」が「文明」を、「文明」が「文化」を滅亡させるのか。これは人類の悲劇である。
―原子力を考えたのも人間ならその悲劇を救うのも人間―

(風彦)

今月の言葉

雑感(11) 2011年11月

代表取締役 田河内秀子


 去る10月15日、広島県中小企業家同友会の県経営研究集会があり、基調講演に立教大学経済学部教授 山口義行氏を迎えた。講演テーマは「生き残る企業の条件」~これから何がおこるか、何をすべきか~。
 山口先生の話は、中小企業経営者にとって耳の痛いことばかり。我々経営者に必要なことは、「読む力」と「繋ぐ力」のふたつ。世界が今どうなっているのか「読み解く力」を持つこと、今がわかると未来がどうなっていくか予想が付く、予想がつけば行動するということ。又先生は、今まで中小企業の経営者に勉強会等でいろいろな警告を発してきたが行動に移す人が少な過ぎると苦言を呈されました。勉強が足りないし、行動力も足りない、と。自分にしてもドルとユーロと円の関係など、ようわからんと勉強してきませんでした。自社の仕事に海外進出は関係ないと思っていましたし、ましてや自社のホームページも日本語のみ。
 これから中国の武漢がユーラシア大陸の要になるだろう。これから高速鉄道網ができていって、中国からロシアを通ってヨーロッパへ繋がっていくだろう。日本も日本海側が表日本になっていく可能性が…。以前板門店に行った時、韓国と北朝鮮は鉄道で繋がっていました。政治の問題さえ解決すれば朝鮮半島は繋がり中国もあっという間に繋がっていくことでしょう。
 つい70年前には、是非は兎も角、中国には日本が租借した満州国があり、まだ10代だった私の両親も故郷を後にして胸躍らせて向かったのです。酔うと中国語で歌を歌う父、母は満州で習い覚えたと餃子をよく作っていました。それほど近い国だったのに私にとっては遠い遠い国。この度の山口先生の話を聞いて一挙に近づいてきました。
 自社だけでは何をすればいいのかわからなくても、ネットワークを作り知恵を集めて新しいビジネスを考えていかなければいけないのだとつくづく思いました。「読む力」と「繋ぐ力」肝に銘じて参りましょう。

雑感

身近な野鳥 「忙しく餌を採るエリマキシギ」 2011年11月

野鳥観察の楽しみ(百十)

東広島の野鳥と自然に親しむ会
環境カウンセラー(環境省登録)
新 名 俊 夫
  1111_erimakisigi.jpg   
写真はエリマキシギ、(‘11.09.16.東広島市八本松町)〔Nikon D300, Nikkor ED,AF-S 600mm, 1:4 DⅡ,1/640秒,f/6.3, ISO800,トリミング〕

 

 おや?見慣れないシギがいる。ちらっと見て一旦通り過ぎ、彼に気付かれぬよう写真機を取り出し、車をバックさせた。しかし、そこには彼の姿はもうなかった。夕方の帰宅時にはその田んぼの傍をゆっくり通り、隅から隅まで探したがやはり鳥の姿を何処にも見付けることは出来なかった。

 次の朝は無駄になっても良いと思って、予め写真機を用意し注意深くその田んぼに近づいていった。いる!首から胸にかけて淡い赤褐色をしているシギだ。図鑑で調べると冬羽になったエリマキシギだ。水を張った田んぼの中に嘴を差し込み、忙しく噛むように嘴を動かしながら餌を探している。

 エリマキシギの雄の夏羽は首のまわりに濃い赤褐色の大きな襟巻をしていて、その独特な姿は誰が見ても見間違うことはない。しかし、冬羽は襟巻が取れ、首の色も褪(あ)せて淡い赤褐色に変化している。さらに、この個体は羽縁がはっきりし、ひどく擦り切れているので幼鳥であろう。

 東広島ではエリマキシギは比較的珍しく、この10年で3回しか報告がない。訪れる頻度も個体数も少なく今回もただの1羽である。このエリマキシギは常に顔を水に浸けるようにして餌を採り続け、なかなか顔を上げてくれない。ここは車1台がやっと通れる農道、じっくり待つことも憚られ急いでその場を離れた。

(2011年10月23日記)

野鳥観察の楽しみ

きょうの猫村さん 1~5 2011年11月

きょうの猫村さん 1~5

ほしよりこ 著(マガジンハウス)

111107kyounonekomura.jpg

 由緒ある家柄の裕福な家「犬神家」に奉公にやってきた家政婦、猫村ねこ。家事万能、得意料理は「ネコムライス」。2時間ド ラマや人情刑事ドラマの主題歌を歌いながら、海外へ行ってしまった「ぼっちゃん」との再会を夢見て頑張ります。
 普通の家政婦のお話ですが、主役の家政婦が「猫」というシュールな設定。しかし周囲の人々は、猫村さんが「猫」であること を認識しつつ、それを自然に受け入れ物語はまったり進んでいきます。
 鉛筆で描かれた柔らかな絵と、登場人物たちのちょっとした優しさに癒されます。日々の生活に追われていると感じたとき、何 も考えずにのんびりページをめくるのもいいかもしれません。(高)

今月の気になる本

タニシ君が行く! Re 2011年11月

111124%E3%82%BF%E3%83%8B%E3%82%B7%E6%BC%AB%E7%94%BB.jpg

タニシ君が行く!

社員のひとこと 2011年11月

メットが壊れ出費三万と思いきや、部品代五百円で済みラッキーでした。 (aki)

20代最後の歳を迎えました。まだまだ全力で突っ走ります!! (M)

秋の花粉症? 鼻がムズムズして、くしゃみが出ます。 (香)

秋が深まってきました。今年も紅葉を見に行くのが楽しみです。 (友)

朝晩が涼しくなり、ようやく秋らしくなってきました。昼を除いて。 (小)

きのこの山より、たけのこの里派です。 (⑨)

今月から始まった自転車通勤。片道40分は厳しい。でも健康のため頑張ります。 (G)

平和マラソンがんばるぞー。おー。 (サン)

産休がスタートして、まったり暮らしてます。11月11日が予定日なのでドキドキです! (デミ)

食欲の秋がやってきた! おでんがうまい! 味がお店それぞれで違うのがこれまたいい… ('v') (お)

朝・晩の気温差で体調を崩し気味なので、なにか体に良い事ないですか? (Q)

季節の変わり目。早速風邪をひきました。 (S)

朝と昼の気温の差があって体調を崩さないか心配です。 (K)

芸術の秋、読書の秋などいろいろですが、僕の秋は10割が食欲の秋です。 (山本)

次郎焼き、三郎焼き…九兵衛焼き…花子焼き。なぜ一郎がいない? (哉)

名古屋に行ってきました。矢場とんの味噌カツ美味しかった~☆ (B)

最近、また視力が落ち始めました。 (尚)

貴方は猫派、それとも犬派? 私はネコ派ニャン。あの可愛い仕草にノックアウトです。 (モン)

朝晩が冷えるようになりました。そろそろダウンの出番でしょうか。 (元)

はじめて八丁座に行ってきました。椅子が気持ちよすぎて寝そうでした。 (高)

息子が走るのに合わせて夜の散歩を始めました。いつまで続くかな? (千)

腰の次は腕、肩、首。全くねぇ。 (北)

facebookを始めて4カ月…未だに初心者! とりあえず毎朝の「おはよう」コメントは続けてます。 (伸)

早朝ウォーキング途上、阿品海岸近くで2艘の船が底引き網漁? 双眼鏡とカメラがあったら良かった! (秀)

社員のひとこと

« 2011年10月 | 2011年11月 | 2011年12月 »