« 2012年01月 | 2012年02月 | 2012年03月 »

今月の写真(2) 2012年02月

120131uraginsijimi.jpg
ウラギンシジミ

 

枯れ葉の裏で越冬中
 
(2011.11.28.東広島市西条町)
東広島の野鳥と自然に親しむ会 環境カウンセラー(環境省登録) 新名 俊夫

フォトギャラリー

今月の言葉(2) 2012年02月

「布施と愛語」

― 道元禅師の言葉に学ぶ ―

 私は宗教哲学者ではない。が、仏道を求めて生きた人への興味と関心をもっている。
 過日、図書館で立松和平さんの「良寛」(大法輪閣発行)の著書をみつけた。立松さんは、異色の作家で、環境問題にも積極的に取り組みながら、道元禅師についても興味ある作品を残しており、道元思想の信奉者でもあった。
 この二月は、彼の一周忌。私はこの人への思いとともに、「良寛」の著書を通じて道元禅師の「正法眼蔵」を学び、良寛の生きざまを知ることができた。
 布施とは、人に物を施しめぐむこと。僧に施し与える金銭または品物(広辞苑)とあるが、「正法眼蔵」では仏道を極める修行には大切な一つで、むさぼらないこと。世の中にへつらわないこと。さらにお釈迦さまの言葉として、人のために舟を岸につないだり、橋を渡すことも布施の行である。(概要)
 このほか愛語、利行、同時の大切さを説かれていることも書かれている。
 愛語について言えば、今の若者たちは「日本語を大切にすることだろう。」と解釈する人が多いだろう。が、愛語は、「衆生をみるときには、慈愛の心をおこし、慈悲の言葉をかけることである。」と説く。愛語を施せばどんどん広がっていく。愛語の徳行は、怨敵を降伏させ、相争う国王たちを和睦させる。平和な世をつくるのは、愛語を根本とするという。
 立松和平さんは、難しい原典を比較的わかりやすく書いている。
 来月は東日本大地震、津波禍の一周年を迎える。あらためて道元禅師の「正法眼蔵」のもつ本当の言葉を考えたい。
 「布施と愛語」とは、今風に言えば、ボランティア活動に通じるだろう。そしてその活動を通じて「絆」ができる。
 私は以前、詩をつくった。

  人に情けあり
  情けにすがりて
  人の縁をさとる―

 十四、五年、ある席で一筆。するとそばにいたあるお寺の住職が言った。
 「悟るとはちょっと言いすぎだよ。われわれ凡人は、なかなか悟ることは、容易なことではない。この俺だってまだ悟ってないよ」
 たしなめられた。そこで私は―。
 人の縁を知る―と書きあらためた。
 言葉=文字の解釈は、心して使わなければならない。と感じたものである。

(風彦)

今月の言葉

雑感(2) 2012年02月

代表取締役 田河内秀子


 今年は、高校の同窓会幹事の一員として、8月に開催される同窓会の準備に関わることとなった。今回は30年後輩の若者たちと一緒に同窓会を準備する訳だが、およそ30年前にも当番期があり、その時は30年先輩の人たちと一緒だった。自分がどう関わったのか全く覚えていないのだが、その時のプログラムに自社の広告が載っているので、多少は関わりがあったのだろう。
 くしくも昔のプログラムに私達の代表として一文を寄せている友人が、偶然ではあるが今回の同窓会実行委員長なのだ。そのプログラムを見て、当の本人も驚いていた。30年という年月を、彼はいい年の取り方をしてきたのだと思う。
 30年前には今の自分なんてちっとも想像できなかった。30代は仕事も子育ても忙しく毎日毎日が精一杯だったのだ。あっという間の30年間。30年後は93歳。もし聖路加病院の日野原先生のようであれば、歩いて同窓会に出席できるわけだが、う~ん? かなり厳しい!
 企業も30年寿命説があり、現在は35年に延びたという説もあれば20年に縮まったという説もある。いづれにしても30年前後でひとつの節目がくる。我が社は25年で節目がきて、その後の新たな10年が過ぎようとしている。残りの20年、そして次なる30年を想像しながら、毎日の仕事に取り組んでいかなければならないのだろう。
 30年前の我が社の広告コピー「混沌とした時代だからこそ、現代を射抜く若き知性の復権を!」起業して5年足らずの若い会社らしい青臭いコピーではある。

雑感

身近な野鳥 「カラフルなヤマガラ」 2012年02月

野鳥観察の楽しみ(百十三)

東広島の野鳥と自然に親しむ会
環境カウンセラー(環境省登録)
新 名 俊 夫
  yamagara.jpg   
写真はヤマガラ、(‘10.12.05.東広島市西条町)〔Nikon D300, Nikkor ED,AF-S 600mm, 1:4 DⅡ,1/1250秒,f/6.3, ISO400,トリミング〕

 

 ヤマガラは動きながらも「ツツピー、ツーピー。」とゆっくりとしたリズムで鳴く。しかし、動作は機敏で、素速くあちこちへと移動する落ち着きのない野鳥だ。鳴き声から受ける印象とその動きとは全く正反対。良く一緒にいるシジュウカラも同じような歌詞で鳴くが、もっとテンポもよくリズムも早い。それに、ヤマガラは「ジジッ、シーシーシー。」と付け加えてくれるので、シジュウカラの「ジュジュッ、」と区別できる。

 ヤマガラは留鳥なので一年中見ることができる。特に子育ての済んだ夏から冬にかけて、エナガの大群に混じって、共に行動することが多い。この混群の中には大抵シジュウカラやコゲラも数羽ずつ混じっている。このような混群は森や林の中、公園や街路樹の同じ場所に、ほぼ同じ時刻に毎日巡回してくる。

 混群の中でもヤマガラはカラフルで目に付き易い。大きさはスズメくらいで頭と咽喉から胸にかけて真っ黒、少し色の付いた白い(バフ色の)頬。下面は赤褐色で上面は艶のある灰色をしている。足の指先を器用に使って木の実の殻を取り除き食べ、昆虫を指で抑え上手に羽をむしって食べる。この特技は「おみくじ運び」として戦前まで人間のお手伝いをさせられた。

 ヤマガラは身近な野鳥なので、この欄には初めころに登場すべき鳥であるが、私の運動神経より先に動いてしまって、なかなかカメラに収まらない。せっかく良い角度で撮れたと思っても、手振れしているのである。愛くるしい野鳥であるが私にとっては手ごわい相手でもある。

(2012年2月1日記)

野鳥観察の楽しみ

フランスの古い紙 2012年02月

フランスの古い紙

オルネ ド フォイユ(谷 あきら)発行元 ピエ・ブックス

120131book.jpg

 Amazonで見つけて購入した本です。内容はタイトルにもあるとおり、昔フランスで使われていたポストカードやラベル等の紙製品を紹介するというものです。
 紙製品は長い年月を経て劣化すると色あせ変色してしまいますが、この本ではそれを「味」として捉えています。現代の紙にはない趣と風合いある紙をたくさん眺めていると、ちょっとしたアンティーク小物を鑑賞している気分になってきます。
 一つ一つのデザイン、レイアウトもとても可愛らしいので、フランスが好きな方、こういった小物が好きな方、またデザイナーの方にもオススメの一冊です。(サン)

今月の気になる本

タニシ君が行く! 2012年02月

infomanga1202.jpg

タニシ君が行く!

社員のひとこと 2012年02月

寒いのは嫌いなので、早く適温になってほしいです。 (aki)

お花見、ドライブ、ピクニック…。既に春を待ちわびています。 (M)

本高砂屋の金つばが食べたい。 (香)

寒さ厳しい今日この頃、こたつにみかんははずせません。 (友)

寒くなったので、体調管理に気をつけましょう! (小)

最近、オンラインゲームにはまっています。 (⑨)

将来、一戸建てを買うかマンションを買うか賃貸にするか迷ってます。 (G)

最近家でのデザートを少なくしました。 (サン)

今年も正月に増量しました。少しずつ絞るとしよう・・・(*⌒∇⌒*) (お)

関東方面には、タニタの食堂がオープンした。その食堂さえあれば…と思っている私がいる。 (Q)

毎日部屋の片付けのことばかり考えています。 (S)

今年は一回位はドカッと雪が降ってほしい。 (K)

バレンタインは男がチョコを買いづらいので僕にはつらい時期です。 (山本)

バレンタインデーは愛をお届けします♥ (B)

フェルメールを見に東京へ行きたい。ジブリ美術館も見てみたい。 (尚)

帰宅してから就寝までの時間が増え(+2時間余)、有効に使わないとと思いつつ。。。 (モン)

ホワイトチョコが好きです。 (元)

油そばおいしかった。 (高)

年の初めから息子が肉離れになりました。健康には気をつけましょう。 (千)

緊張と開放感。2月は厳しくなりそうです。 (北)

舞台本番間近! 今年広島で1番観る価値がある芝居かも? 終わったらちょっとだけのんびりしよう (伸)

孫がもう1歳。こんなに早く大きくなるなんて! もっとゆっくり大きくなって~ (秀)

社員のひとこと

« 2012年01月 | 2012年02月 | 2012年03月 »