« 2013年08月 | 2013年09月 | 2013年10月 »

今月の写真(9) 2013年09月

1309hekusokazura.jpg
ヘクソカズラ

 

かわいそうな名前のかわいい花。
 
(2013.8.11 .東広島市西条町)
東広島の野鳥と自然に親しむ会 環境カウンセラー(環境省登録) 新名 俊夫

フォトギャラリー

今月の言葉(9) 2013年09月

「大人の知恵」 ―温故知新―

― シェイクスピアから学ぶことは―

 図書館は、さまざまな「知識」と「知恵」の宝庫である。過去、現在、未来につながる人類の文化の歴史の流れを学ぶことができる。大型書店とは違った独特の雰囲気があり、存在感もある。私の利用する広島市立中央図書館には、986,369冊の蔵書があるという。そのなかの一冊に興味のある書籍をみつけた。
 「シェイクスピアに学ぶ老いの知恵」。著者は英文学者、小田島雄志。知る人ぞ知るシェイクスピア研究の第一人者。「マクベス」「ハムレット」「リア王」など三十七編の作品を全訳した人。その作品を通し日常生活での人生観、人間観のエッセイ。
 著書のまえがきに「今の世の中、価値の多様化(ぼくに言わせると、カオス化)が言われて久しいが、唯一絶対の価値基準などありえない時代にめぐりあわせたぼくたちにとって、シェイクスピアはよき先輩である。そしてこのような時代にどういきていけばいいか、それとなくだが示唆してくれている」(後略)
 私はシェイクスピア通でもなければ、英文学者でもない。が、彼の書き綴った演劇書籍を二、三触れた程度の知識しかない。ダイジェスト版でのストーリーを知っているくらい。波乱万丈の物語もさることながら、登場する人物の台詞―。諺、格言、蔵言…の数々に興味をもつ。それらの「言葉」が人生の指針にもなるから。
 手元にある古い辞典―「ことわざ故事・金言小辞典」(発行所・福音館書店)のなかでもシェイクスピアの言葉がのっている。そのなかからあげてみた。
 「平和は芸術の保母」「すべての人を愛し、わずかの人を信じてなにびとにも悪をなすな」「希望は思想なり」「安心。それが人間の最も安価な敵である」―。
 前述の小田島雄志先生の著書のなかに「大人の知恵」に『リア王』の劇中、リア王と道化師との会話。「年をとるのは知恵がついてからじゃないといけないんだよ」と道化師が自分を卑下するリア王に話すくだりがある。この言葉は薀蓄がある。年寄りには、それなりの「知恵」があるということでもあるまいか。
 九月の「今月の言葉」―「大人の知恵」―の標題にしたのもこの月の十五日は「敬老の日」。年寄りを敬う意識を強調しようという国民の祝日。しかし急激な少子高齢化に年寄りへの風当たりも違ってきた。政府の高齢者対策にもその一端がうかがえる。経済社会の変動による福祉行政の見直しもやむをえない事情(政情)もあるだろう。が、私は高齢者の一人として考えた。
 高齢者にもそれぞれの貧富の格差がある。当然、意見、異見も百出…。ここで故ケネディ米国大統領のあの有名な就任演説。「国に求めるのではなく、国のために何をすべきか」―。年老いた人でも「知恵ある人は知恵をだし、体力、気力ある人は額に汗を出す」―。この施策の環境を整備充実させるべきだろう。富の格差による社会不安の改善策の一つには、富裕者層の社会ボランティア(寄付金制度を含めて)の活動の啓蒙を。現在の若者たちも「大人の知恵」を学ぶべきだろう。
 古きを尋ねて新しきを知る―「温故知新」―。である。若者たちに尊敬される「大人」になる意識をもつこと。お互いに理解し合う。そこから日本民族の再生、発展が生まれる、と確信したい。最後に「ハムレット」の有名な台詞。「TO BE OR NOT TO BE」―。(人生は、生か死か=意訳、諸説あり)

(風彦)

今月の言葉

雑感(9) 2013年09月

代表取締役 田河内秀子


 8月5日に母の最期を看取った。昨年のお盆に母を特別養護老人ホームから引き取り、その後、嚥下性肺炎や腸閉塞の急変を4度の入退院で乗り越え、小規模多機能居宅サービスのスタッフの皆様に在宅介護を支えていただき、最後は家で看取る事ができ、自分としても悔いのない1年を過ごすことができた。母もきっと喜んでくれていたのではないかと思う。
 不足を言えば、もっと仕事をセーブして、母と過ごす時間を少しでも長くとれると良かったのだが、やはりこの1年で会社の業績も停滞してしまったので、私の仕事にかけている情熱も半分に下がっていたのだと今になって思う。これから、この1年間の仕事のブランクを挽回しなくてはいけない。
 しかし、母の介護にどっぷり浸かってみて分かることは、いかに頑張っても「一旦、人間が老いの坂道を下りだすと、誰にも止められない」という事だ。恐らく週1回見舞いに行ったくらいだと、自分のことはさておき施設でちゃんと看てくれているのかと不足や不満をもったかも知れない。嚥下性肺炎が治り病院を退院するとき、医師から「胃ろうを作りますか?」と聞かれたくらいなので、施設だったら胃ろうをしていたかも知れない。でも胃ろうもしないで最後まで自分の口で食べることが出来たので、食べることが好きな母にとってはそれも良かったのだと思う。
 又、子どもや孫たちと一緒にクリスマスやお花見も出来た。これはこども達にとっても貴重な体験になったのではないか。2歳の孫は、母の寝ていた部屋に母もベッドもなくなったのをみて「曾ばぁは?」と尋ねる。「曾ばぁはお骨になって天国に行ったよ」と言うと、納得できたのかできていないかはさだかでないが、もうそれ以上は聞かない。
 日常生活の中に老いや死が見えなくなって久しい。人間だれでも老いて、出来ていたことが出来なくなり、最後は大なり小なり人の手をかりないと生きていけなくなる。これからは超高齢化・多死社会になり、在宅介護が当たり前の世の中になるだろう。それを当たり前として、下の世話や食事の介助や体の清拭が誰でも軽々と出来るような、そんな能力がこれからは必要とされてくる。1860年に出版されたナイチンゲールの「看護覚え書」は、そんなすべての家族の為に書かれている。一度手に取って読んで頂きたい本だ。

雑感

身近な野鳥 「なかなか会えないゴイサギ」 2013年09月

野鳥観察の楽しみ(百二十六)

東広島の野鳥と自然に親しむ会
環境カウンセラー(環境省登録)
新 名 俊 夫
  1309goisagi.jpg   
写真はゴイサギ成鳥(‘12.5. 13.山口県岩国市〔Nikon D4, Nikkor ED,AF-S 600mm, 1:4 DⅡ, f/6.3, 1/2000秒, ISO800,トリミング〕

 

 最近、身近ではなかなか会えなくなった野鳥の一つにゴイサギがいる。もともとゴイサギは夜行性なので昼間見ることの少ない鳥だが、繁殖期には雛に餌をやるため、昼間も活動するものもいるので時々見かける野鳥であった。家の傍の黒瀬川の堰の下でじっと餌の来るのを待っている姿が強く印象的に残っている。

 ここのところゴイサギに出会う機会が少なくなったが、昨年、久し振りに南岩国でじっくり写真に撮れた。この時は、田んぼの畦にいていつもと変わらず不動の姿勢であった。それよりも前に会って印象に残っているのは、ホシゴイと言って全身茶褐色で羽には白い斑点がある幼鳥だったので、ゴイサギとは別の種ではないかと思われる姿であった。

 しかし、成鳥は頭から背中にかけて紺色がかった艶のある黒色をしていて、羽は濃い灰色。下面は真っ白。目は赤く、後頭部から2、3本の白い紐のような冠羽が垂れ下がっている。この時は草に隠れて見えなかったが、足は黄色がかった橙色をしている。

 この地に引越しして来たばかりの頃、辺りは田んぼが広がり、夜になると街灯も少なく真っ暗になった。そのような中、上空から突然「グワッ!」と一声大きな声が聞こえ、驚いたことが懐かしい。今はサギ達がめっきり減ってしまってさびしい。昔、サギ達がコロニーを形成し、集団で巣を掛けていた里山がなくなってしまったことを改めて認識させられている。

(2013年9月2日記)

野鳥観察の楽しみ

タニシ君が行く! 2013年09月

1309tanishikun.jpg

タニシ君が行く!

社員のひとこと 2013年09月

11月のマラソンに向けて準備開始。まずは形から。 (國)

7月から始めました朝の飼犬との散歩。眠たさに負けず続けます。 (ht)

最近、PC用メガネがどれ程の物なのか気になっています。 (aki)

気温の変化が激しくなってきますので体調管理に気をつけましょう。 (⑨)

骨盤の歪みがひどく、仰向けがしんどいので、接骨院へ通い始めました! (デミ)

ダイオウイカの映画見ました!!海って怖いですね…。 (サン)

娘が6ヶ月になり、家に帰るとニコッと笑ってくれるようになりました。パパだと気付いてるのかな? (G)

夏は大好きですが、今年の夏はさすがの私もいつものようには遊べません。 (M)

念願だった冷蔵庫の買い替えをしました。やったー!! (朝)

今年も、また歳をとってしまう(T_T)誕生日は、うれしいような悲しいような…。 (Q)

新居は快適!!!でも蚊が多いのが・・・O型なので狙われます・・・ヘ(´_`)ヘ (お)

引越しをして通勤時間が長くなったので早起き頑張ります。 (友)

クーラーは30度設定です。 (S)

夏バテで食欲が出ず、体重が3㌔落ちました。 (山本)

夏バテしました…。早く涼しくなってほしいです。 (Y)

いまさらですが、日傘を買いました。 (香)

暑い、暑い、暑い……。 (小)

部屋がダンボールだらけです、断捨離したい。 (尚)

毛穴という毛穴から出るアセでまるで水をかぶったよう?? (モン)

家の中では熱中症の水談義。茶かジュースか単なる水か?ん、ビールは?NOでした。 (よし爺)

一時的に車通勤に戻りました。9月からまた頑張ります。 (高)

「たぶん」と「微妙」しか言わない高校生であった。 (北)

10月20日(日)に広島みなと公園でお祭りやります!みんな遊びに来てね!! (伸)

今年は、エアコンをほぼ24時間つけっぱなし。世間は節電を言わず、熱中症の予防にはエアコンと言っている。原発なしでも大丈夫って事? (秀)

社員のひとこと

« 2013年08月 | 2013年09月 | 2013年10月 »