« タニシ君が行く! | メイン | 雑感(10) »

身近な野鳥 「地味な姿のカルガモ」

野鳥観察の楽しみ(百二十七)

東広島の野鳥と自然に親しむ会
環境カウンセラー(環境省登録)
新 名 俊 夫
  1310yatyo.jpg   
写真はカルガモの番い(‘13.3.30.東広島市八本松町〔Nikon D4, Nikkor AF-S 300mm, 1:2.8 GⅡED, f/5.6, 1/1000秒, +0.3,ISO 640,トリミング〕

 

早い年には9月の中旬にカモがやって来る。しかし、今年は9月の後半になっても暑い日が続いているので渡来が少し遅れている。9月27日今季初めて七つ池でコガモ23羽を確認(初認と言う)した。この時カルガモ4羽もいたが、この種は一年中この地で見られる留鳥なので、コガモたちと一緒に移動して来たかも知れないが、渡って来たとは言わない。

カルガモは雌雄同色で、区別は困難だが、どちらとも黒い嘴で先が黄色であるので、よく似た他のカモの雌とははっきりと識別出来る。また、雌雄共に目を横切る濃い茶褐色の線(過眼線)が特徴だ。体はマガモよりやや大きく、鳴き声はグエー、グエーと鳴く。雄は雌より体が大きく、繁殖期には尾筒の羽の色が雌より黒いと言われている。

今年のように酷暑の夏でも、カルガモのつがい(番い)と思われる2羽が田んぼの畦でうずくまり、あえいでいる姿を度々見た。秋に入ってもカルガモは2羽でいる姿を多く見ているので、一年中番いでいるものも居るのではないかと思われる。

そうすれば、雄は雌に気に入ってもらうために、あえて危険な姿・目立つ派手な姿になる必要がない。そのお陰で地味で安全な姿で一年中過ごすことが出来る。では、最初に番いとなる時には、雄はどのようにして雌に選んでもらうのだろうか?それとも、雄が雌を選ぶのだろうか?

(2013年9月30日記)

About

2013年10月11日 10:03に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「タニシ君が行く!」です。

次の投稿は「雑感(10)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。