更新履歴
13/10/30 本ブログは13年12月31日を持って更新を終了いたします。
今後はフェイスブックで記事を更新いたしますのでよろしくお願い致します。

■ タニシ企画印刷 フェイスブック


13/10/11 10月の記事を追加しました。
13/09/03 9月の記事を追加しました。
13/08/02 8月の記事を追加しました。

雑感(11) 2012年11月

代表取締役 田河内秀子


 久しぶりに硬い本をアマゾンで買った。孫崎 享「戦後史の正体」。中国新聞日曜日のベストセラーランキングは、広島では10位、東京では5位。東京では7位に「アメリカに潰された政治家たち」8位に「日本の国境問題」と3冊も孫崎氏の本が入っている。今や孫崎氏は時の人らしい。金曜日の夜中「朝まで生テレビ」にも出演されていた。
 昨年、立教大学の山口先生の話し(世界が今どうなっているのか「読み解く力」を持つこと、今がわかると未来がどうなっていくか予想が付く、予想がつけば行動しなければいけない)を聞き、その後出来るだけ日経新聞や地方紙も読むようにしていたが、今一つよくわからないなぁと思っていた。ここにきて尖閣諸島や竹島の問題が大きくなり、中国での経済活動も日本国内の観光産業等も大きくダメージを受けている。大企業のみならず中小企業にも大打撃である。
 又、今年6月に沖縄に行った際、沖縄は米軍基地の島という印象を強く持ったのだが、最近の米兵の事件と沖縄の人たちの行動は「日米地位協定」を知らなければわからない。そして「日米地位協定」は沖縄だけの問題ではなく、今自分の住んでいる「ここ」の問題でもあることを知っておかなくてはいけない。2年位前、山崎豊子氏の「運命の人」を読んだ直後だったと思うが、沖縄返還の密約について国会では今までなかったとされていた密約が、本当はあったというニュースが流れ、私たち一般国民に知らされているニュースには嘘があるのだという認識を持った。この認識はおそらく3・11以後すべての国民が多かれ少なかれ持っているものだろう。
 孫崎氏の本を読み、日本とアメリカとの関係で尖閣や竹島の問題を見ると、多少は世界が今どうなっているのかが私のようなものでもうすうすわかってくる。又、歴史の教科書でしか知らない「ポツダム宣言」が、今の日本に「アメリカ軍の駐留」という形で厳然と存在していて、未だに第2次世界大戦の戦後処理は終わっていない敗戦国としての日本の立ち位置を認めなければ、これから未来がどうなっていくか予想もつかないのではないだろうか。
 これから日本は100万人づつ人口が減っていき、江戸時代の人口に近づいていく。戦前までの独立国としての誇りと、賢い外交ができる国として、平和で幸福な国を目指して政治家の人たちには本当に頑張っていただきたい。そして、私たち国民は、本当に日本の国のビジョンを描ける人を選んでいかなければいけないのだと思う。

(田河内)

雑感

タニシ君が行く! 2012年11月

1211tanishimanga.jpg

タニシ君が行く!

社員のひとこと 2012年11月

水やその他諸々が、冷たく感じる様になって来ました。 (aki)

3か月ぶりに髪を切りました。 (⑨)

平和マラソンに向けて練習してるのに体重がなかなか減らないぞ!? (サン)

もう11月!ついこの間までクーラーだったのにそろそろ暖房ですね…。 (G)

とうとう30歳になりました。素敵な大人の女性になります! (M)

通勤途中、金木犀の香りがした。小学校を思い出して懐かしくなった。 (朝)

秋になると気分が下がり気味になりますが、今年は好きな音楽でも聴いて気分を高めて行こうと思います。 (Q)

新しい生活のリズムが出来て少し時間に余裕がでてきたかな。・・・・(#⌒∇⌒#) (お)

朝晩は肌寒くなりました。かぜをひかないように気をつけないと。 (友)

もう年賀状受付の時期です。1年はあっという間ですね。 (S)

近所の野良ネコが最近やたらなついてきてとても癒されます。 (山本)

街中でマスクをしている人をよく見かけます。もう冬だと感じます。 (K)

そろそろ長袖で寝ようと思います。 (香)

今年もベルトの在庫がない・・・かっこ悪いけど人気みたい。 (小)

ライブのない休日は寝て過ごしてます。もう1つ趣味が欲しいー。 (尚)

エコキュートってすごい!光熱費が安くなりました?節約にはっぱがかかります…。 (モン)

神奈川・東京に行って来ました!1人じゃ無いって素晴らしい☆ (B)

ペット一人躾厳しくしたつもりつい可哀そうで甘くなる寒さこの頃。 (よし爺)

気分転換にレイアウト変更しました。 (高)

校了日はやはり忙しい。 (北)

食べ物のおいしい季節です。美味しすぎて暴飲暴食しないようにしよっと・・・。 (伸)

阿品海岸沖にコイワシの群れが、回遊していた。秋空のもとカヌーに乗れたら気持ちいいだろうなぁ。 (秀)

社員のひとこと

今月の写真(10) 2012年10月

121002%E8%A1%A8%E7%B4%99.jpg
ナンバンギセル

 

ススキの根元のあちこちに顔を出していた。
 
(2012.9.16.東広島市鏡山)
東広島の野鳥と自然に親しむ会 環境カウンセラー(環境省登録) 新名 俊夫

フォトギャラリー

今月の言葉(10) 2012年10月

「スポーツ」と「政治」

― スポーツの秋に思うことは ―

 10月はスポーツの秋。いまから48年前、1964年10月10日の東京五輪開会を記念して、国民の祝日「体育の日」を制定(1966年、のちに10月第二月曜日)。季節的にもめぐまれた秋空のもと、国民体育大会(国体)をはじめ各地でスポーツのイベントが催される。日本民族の恒例の”歳時記”でもある。しかも今年は、さきのロンドン五輪の影響もあり、スポーツへの意識は、また違った高ぶりを見せる。
 テレビメディアでは、いまなおロンドン五輪の感動ドラマを取り上げ、それなりの視聴率をあげている。
 日本五輪史上初の38個のメダルを獲得しただけに無理もない。あのメダリストたちの銀座パレードには50万人の観衆が沿道に押し寄せ、その熱狂ぶりには驚いた。
 私はテレビの視聴を通じて感激、感動した一人でもあったが、いま冷静に考えてみると、この企画はJOC(日本オリンピック委員会)の次期東京五輪誘致への序曲ではなかったか。と同時に、スポーツが国威高揚に繋がることを、あらためて認識した。
 本来、オリンピックはスポーツを通じて人種、宗教の違いを乗り越えて平和な世界、国際親善をはかる目的がある。五輪憲章第九条には「オリンピックは個人の間の競技である。国家または地域の間の競技ではない」と明記されている。
 過去の五輪史上には、さまざまな「スポーツ」と「政治」をめぐるトラブルがあった。なかでも特筆されるのは、ナチス・ヒトラー総統時代の「ベルリン大会」の波及問題、卑近な例でいえば、東西冷戦時代のモスクワ大会での西側諸国のボイコット問題、その反発でロス大会での東側諸国のボイコット…。いずれも政治が介入。その対応にIOCは苦慮。その一連の経緯は、清川正二著の「スポーツと政治」―オリンピックとボイコット問題の視点―。坂上康博著の「スポーツと政治」にも論評されている。それがさきのロンドン五輪でのサッカー準決勝、日本と韓国戦で、勝者の韓国選手が「独島(竹島)は韓国領」のプラカードでアピールして問題となった。
 五輪憲章では、スポーツを政治の手段に利用してはいけないとされながら、やはりこうした行為のトラブルが起きる。とかくスポーツ、とりわけ五輪の舞台は、政治に利用されやすくナショナリズムの色彩が強くなることが懸念される。
 私は清川正二著の「あとがき」にある一文。「オリンピックは人類の平和を祝うフェスティバルの様相を帯びてきたといっても過言ではありません。(中略)世界の人々がスポーツを通じて共に楽しみ合う場」。心に強く残る。ご自身が五輪のメダリストであり、IOCの委員だっただけに五輪へ寄せる切なる言葉でもある。
 しかし、世界は社会、経済機構が著しく変化していく中、スポーツの世界も大きな影響を受けており、ナショナリズムへの変貌をみせる。
 私は、小泉信三(故人。元、慶応義塾大学塾長)の説いたスポーツ論である「三つの宝」に共鳴している。
 スポーツには一、身体を鍛錬する 二、友情をはぐくむ 三、ルールを守る―。
 これは、人間が人間社会で生きていく原理原則。五輪精神の本質でもあろう。さらに小泉信三は、スポーツの極意として上達するためには練習に励む、ことを説いた。
 ―練習ハ不可能ヲ可能ニスル―
 スポーツには『レジャー』、『競技』、『見る』の三つの分野がある。人それぞれのスポーツを通じて豊かなライフワークを。
 物を想う秋に、スポーツの秋を思う。

(風彦)

今月の言葉

雑感(10) 2012年10月

代表取締役 田河内秀子


 先日、亡くなった娘の少し早目の33回忌を行った。お勤めをして下さったお坊様が自分は33回忌の忌の字は「会」を書き、親族や親しい人たちが顔を合わせ親交を深める機会と捉えているとおっしゃっていた。今回は東京・熊本・広島在住の大人17人、子供7人の24名の参加となり、久しぶりに会った孫たちはすぐに仲良く遊び始めた。
 友人達の中には、家族旅行を年1回必ずしている人や、盆正月には親族が必ず集まるのを行事にしている人もいる。我が家も父母が元気で子供たちが小さい頃は必ず集まって一緒にご飯を食べ集合写真を撮ったりしていたし、遠くに住む親戚には夏休みや冬休みに遊びに行くなどそれなりに親交を深めていたが、それも父母が年老い、自分たちも仕事で忙しく、子供たちもそれぞれの家庭があるようになると、一堂に会する機会もすっかり減ってしまった。
 今回娘の事で久しぶりに会う機会ができ、改めてご縁のある人たちとの親交を大切にしていかなければと思うことができた。
 全く赤の他人の二人が結婚するということは、ご縁をいただく人たちが無限に広がっていくということだ。若いときは何とも思わなかったが、人生の後半戦になると、これは本当に有り難いことだとわかる。仕事の付き合いや仲の良い友人たちとはまた一味違う身内同士の集まりは、若者たちのそれぞれの配偶者も雰囲気がよく似ていて何とも不思議な感じがする。家風があるとすれば、こんな雰囲気をいうのかもしれない。
 これからも冠婚葬祭でしか会う機会がなくなっていく親戚ではあるが、そんな時は何はさておいても参加し、日頃の無沙汰を詫び、子ども達や孫達にはイトコやハトコたちとの親交を深めていって欲しい。
 今回は我が配偶者が前日の会食、ホテルの手配、当日の法要の準備、昼食等すべての段取りを整え、自分は娘の記録をB4両面にまとめるだけしかしなかった。改めてその準備のご苦労に感謝したい。
(田河内)

雑感

おさんぽ達人が歩いたひろしまスケッチブック 2012年10月

おさんぽ達人が歩いたひろしまスケッチブック

Amazon、フタバ図書(紙屋町店、八丁堀店、メガ、ギガ、テラ)などで販売中。

121002book.jpg

 弊社の地域貢献部門で5年に渡り「舟入散歩」のコンテンツの作成に携わっていた元社員の竹田さんが、この度「おさんぽ達人が歩いた ひろしまスケッチブック」という本を出版したのでお話を伺った。
 まずは本を出版した経緯を聞くと、「本を出すきっかけになったのは、最初は舟入散歩をまとめた冊子を作ろうと思った。でもフェイスブックで知り合った友人から『地域を絞らずにみんなにアピールした方が良い。もう少し広い範囲を扱ってみたら?』とのアドバイスをもらった。その人はフェイスブックにアップしていた絵を気にいってくれてて、そこから絵本の作成をすることになったかな」。
 「この本の編集を依頼したのも、フェイスブックで知り合った、まち歩きがお好きな方」。アートや文学などを『本』として新しい潮流を広げて行きたいという夢を持っていらっしゃるそうだ。
 本の内容について聞くと、「観光ガイドのような作りではなく、僕の目を通して、僕が感じた広島を表現した」。本の中で描かれた絵は手のひら大のサイズからハガキ大のサイズで、段ボールにクレヨンで描かれている。絵の横には竹田さんの独特の文章が添えられていて、読む人を引き付ける。段ボールにクレヨンで描かれた作品は暖か味を感じさせ、竹田さんもその出来栄えに満足されているそうだ。1枚を描くのに約1時間~2時間。現在は次なる素材を模索中だとか。
 「この本を眺めて、安らいだ気持ちになってもらえればうれしい。また、その人なりの広島を探すきっかけにしてもらえたらいいなと思う」。今度はライフワークとして絵や文章を書いていくとのこと。作品などはフェイスブックでも公開している。作家竹田道哉を今後も応援していきたい。
(サン)

今月の気になる本

タニシ君が行く! 2012年10月

1210tanishimanga.jpg

タニシ君が行く!

社員のひとこと 2012年10月

何かの仕業なのか、季節の変わり目が吹き出物が出ます。年のせい? (aki)

急に涼しくなってきて、セミの声も聞かなくなりました。 (⑨)

10月7日は誕生日!! 25歳でアラサー予備軍です。 (サン)

新居が決まりました。これから新しい生活がスタートです! (G)

海の季節が終わったので釣りを始めました。釣って食べるのが楽しみ? (M)

もうすぐ運動会!! 子供達の頑張る姿を見るのが楽しみです。 (朝)

秋の花粉の季節がやってきて、朝・晩、鼻水で苦しくてあと何年続くのかと思います。 (Q)

ようやくひと通り終わり、やっとひと息つけます。 (お)

自転車通勤しています。徒歩ほどではないけど足腰の運動になります。 (友)

だいぶ過ごしやすい気候になってきて嬉しいです。 (S)

最近ご飯を食べるのがしんどくなってきてパンばかり食べてます。 (山本)

暑さもやわらいできて過ごしやすくなってよかった。 (K)

旬の秋刀魚が食べたいです。 (香)

稲刈りが済んだので今度は草刈りです。 (小)

マツダスタジアムで偶然会社の方と遭遇。驚きすぎて言葉出ズ。 (尚)

さて我がカープ。今年はどうですかね。 (元)

部屋の中はまだダンボールの箱が…でも、憧れの対面キッチンです。料理が苦にならない? (モン)

徳島に行ってきました。自然に癒されてきました。 (B)

1年10ヶ月ぶりにブログの再開。4コマ漫画でぶっちゃけ全開です。 (よしG)

友達のカプチーノのシートがバケットシートになっていました。今度ドライブに行ってきます。 (高)

手帳発送が始まり、慌ただしくなってきました。 (北)

ずいぶんと涼しくなりました。ジョギングには良い季節ですが・・・ (伸)

孫の幼稚園の近くの「せせらぎ公園」は、ザリガニ、メダカ、手長エビ、ヤゴ等自然の宝庫だった。ちょっとビックリ! (秀)

社員のひとこと

今月の写真(9) 2012年09月

1209huosi.jpg
コマツナギ

 

茎が強く、馬の手綱をつないだと言う。
 
(2012.7.21東広島市河内町小田)
東広島の野鳥と自然に親しむ会 環境カウンセラー(環境省登録) 新名 俊夫

フォトギャラリー

前の10件 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次の10件